--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.26

WITCHES' LOAVES - full -

[ WITCHES' LOAVES ]

● The full Text ●----------《 続きを読む 》 ----------
スポンサーサイト

2008.01.28

Witches' Loaves -1- O.Henry 『魔女のパン』

『魔女のパン』 ①       By オー・ヘンリー


Miss Martha Meacham kept the little bakery on the corner (the one where you go up three steps, and the bell tinkles when you open the door).
Miss Martha was forty, her bank-book showed a credit of two thousand dollars, and she possessed two false teeth and a sympathetic heart. Many people have married whose chances to do so were much inferior to Miss Martha's.

●●
Two or three times a week a customer came in in whom she began to take an interest. He was a middle-aged man, wearing spectacles and a brown beard trimmed to a careful point.
He spoke English with a strong German accent. His clothes were* worn and darned in places, and wrinkled and baggy in others. But he looked neat, and had very good manners.
He always bought two loaves of stale bread. Fresh bread was five cents a loaf. Stale ones were two for five. Never did he call for anything but stale bread.
s-P1274239.jpg


*loaf of:ひと塊の
*worn :擦り切れた
*stale: (パンが)硬くなった、新鮮でない、干からびた


ミス・マーサ・ミーチャムは街角で小さなパン屋を営んでいた。(階段を三段上がってドアを開けると、ベルがチリンと鳴る店だ。)
ミス・マーサは40歳、銀行の通帳には2000ドルの預金があり、2本の差し歯と同情心を、持ち合わせた女だ。ミス・マーサのそれに遥かに劣る人たちだって結婚している人はいくらだっている。
●●
彼女は、週に2,3回やってくる客に興味を持ち始めるようになった。眼鏡をかけ、茶色のあご髭をきっちり尖らせた中年の男である。
強いドイツ語なまりで話す男で、服はあちこちが擦り切れ、しわだらけでだぶついている。しかし小奇麗で礼儀正しい男のようだ。
彼はいつも2切れの硬くなったパンを買いにきた。焼きたてのパンは一切5セント、古いほうのは5セントで2切買える。硬いパン以外には何も買わなかった。

Thanks. I love you!!  /AyeYai----------《 続きを読む 》 ----------

2008.01.29

Witches' Loaves  -2-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ②       By オー・ヘンリー


Once Miss Martha saw a red and brown stain on his fingers. She was sure then that he was an artist and very poor. No doubt he lived in a *garret, where he painted pictures and ate stale bread and thought of the good things to eat in Miss Martha's bakery.
●●
Often when Miss Martha sat down to her *chops and light rolls and jam and tea she would sigh, and wish that the gentle-mannered artist might share her tasty meal instead of eating his dry *crust in that *draughty attic. Miss Martha's heart, as you have been told, was a sympathetic one.
ホウズキ


*garret:屋根裏部屋
*crust:堅いパン
*draughty:隙間風の入る


あるときミス・マーサは彼の指に赤茶色の汚れがあるのに気づいた。彼女は、彼は貧しい芸術家に違いないと思った。屋根裏部屋で絵を描きベーカリー・マーサのおいしそうなパンを思い浮かべながら、硬くなったパンを齧って生活しているに違いないと。
●●
ミス・マーサは腰を下ろし、骨付き肉を挟んだ彼女のふんわりロールパンにジャム入りの紅茶を啜っては溜息をついたものだ -- あの礼儀正しい芸術家が、隙間風の吹く屋根裏で硬くなったパンなんか齧っていないで、私と一緒においしいごちそうを食べてくれたら-- と。ミス・マーシャはそういう憐れみ深い女なのだ。

Thanks. I love you!!  /AyeYai----------《 続きを読む 》 ----------

2008.01.30

Witches' Loaves  -3-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ③       By オー・ヘンリー

In order to test her theory as to his occupation, she brought from her room one day a painting that she had bought at a sale, and set it against the shelves behind the bread counter.
●●
It was a scene. A splendid marble palazzio (so it said on the picture) stood in the foreground—or rather *forewater. For the rest there were gondolas (with the lady trailing her hand in the water), clouds, sky, and *chiaroscuro in plenty. No artist could fail to notice it.

Cyclamen   シクラメン


*forewater:前景
*chiaroscuro: 〔画〕キアロスクーロ,明暗法.

ある日、彼女は彼の職業に関して自分の推理を実証するために自分の部屋から絵を引っ張り出して来た。以前セールで買ったもので、それをパン棚の後ろの壁に飾ってみた。
●●
それはヴェニスの風景で、前景(前景の水にとでもいうべきか)には、立派な大理石のパラッツォ(だそうで、そう絵に書いてある)が建っている。そしてゴンドラに乗った女性が水面に手をたらし、波をたなびかせている。 空、そして雲がキアロスクーロの明暗法豊かに描かれてあり、絵描きなら見逃すはずがない。

Thanks. I love you!!  /AyeYai----------《 続きを読む 》 ----------

2008.01.31

Witches' Loaves  -4-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ④       By オー・ヘンリー

Two days afterward the customer came in.
"Two loafs of stale bread, if you blease. You haf here a fine bicture, madame,"
he said while she was wrapping up the bread.
"Yes?" says Miss Martha, revelling in her own cunning. "I do so admire art and" (no, it would not do to say "artists" thus early) "and paintings," she substituted. "You think it is a good picture?"
"Der balance," said the customer, "is not in good drawing. Der bairspective of it is not true. Goot morning, madame."
●●
He took his bread, bowed, and hurried out.
Yes, he must be an artist. Miss Martha took the picture back to her room.

grapefruit cake



二日後、例の客がやってきた。
「硬ぇパンぬ、2っばっかい くいやん。 奥っさんな、よか絵を持っちょいやぃな~。」
彼女が袋に詰めているときにその男は言った。 (か、かなりヒドイドイツ語なまりだ!)
「そうでございますか」と待ってましたとばかりにほくそえんだ。
「わたしも絵が好きなのでございますよ。(今のところは、「画家」とは言わず、「絵」にしておいた。)
「お客さまもこれが良い絵だとお思いですか」
「バランスがよかぁねなぁ。こん遠近法は まっごちょいね。じゃればまたな~、おっさん。」
●●
彼はパンを手にするとさっさと出て行った。
そう、ぜったい芸術家よ! そうMissマーサは自分の部屋に戻しながら思った。

☆ ドイツ語なまり英語の和訳は、はる先生のご協力を得ております。(爆)

Thanks. I love you!!  /AyeYai----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.01

Witches' Loaves  -5-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ⑤       By オー・ヘンリー


How gentle and kindly his eyes shone behind his spectacles! What a broad brow he had! To be able to judge perspective at a glance—and to live on stale bread! But genius often has to struggle before it is recognized.
What a thing it would be for art and perspective if genius were backed by two thousand dollars in bank, a bakery, and a sympathetic heart to— But these were day-dreams, Miss Martha.
●●
Often now when he came he would chat for a while across the showcase. He seemed to *crave Miss Martha's cheerful words.
He kept on buying stale bread. Never a cake, never a pie, never one of her delicious Sally Lunns.
trees in blue


*crave:切望する、熱望する、必要とする


なんて眼鏡の奥の眼が優しい紳士でしょう。額も広くてステキ~! 一目で遠近法を見抜いてしまうというのにあんな堅くなったパンをかじって暮らすなんて! 
でも天才は認められる前に苦労の時代があるのよね。
もしあの天才の絵の遠近法が 2千ドルの銀行預金と私のパンとこの思いやり深い心に後押しされたなら・・・・・。
--そりゃ真昼の夢っちゅうもんですよ、ミス・マーサさん。
●●
今では彼はショーケースを挟んでおしゃべりをしていくようになり、ミス・マーサの陽気な話を求めているように見えた。
彼は堅いパンばかりを買っていた。絶対に菓子も、絶対にパイも、絶対に彼女のおいしい*サリー・ランも買うことはなかった。

Thanks. I love you!!  /AyeYai----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.02

Witches' Loaves  -6-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ⑥       By オー・ヘンリー


She thought he began to look thinner and discouraged. Her heart *ached to add something good to eat to his *meagre purchase, but her courage failed at the act. She did not dare affront him. She knew the pride of artists.
Miss Martha took to wearing her blue-dotted silk waist behind the counter. In the back room she cooked a mysterious compound of quince seeds and borax. Ever so many people use it for the complexion.
●●
One day the customer came in as usual, laid his *nickel on the showcase, and called for his stale loaves. While Miss Martha was reaching for them there was a great *tooting and clanging, and a fire-engine came *lumbering past.
The customer hurried to the door to look, as any one will. Suddenly inspired, Miss Martha seized the opportunity.
●●●
On the bottom shelf behind the counter was a pound of fresh butter that the dairyman had left ten minutes before. With a bread knife Miss Martha made a deep slash in each of the stale loaves, inserted a generous quantity of butter, and pressed the loaves tight again.
When the customer turned once more she was tying the paper around them.

Sally-lunn サリーラン


* ache :痛む、うずく、したくてたまらない。
* meagre:=meager (食事の質が)劣る、不足している、乏しい
* nickel:5セント
* tooting and clanging:(ラッパなどが)鳴り響く
* lumber:(荷車などが)騒々しく動きまわる
* generous:気前良い、たっぷりの


彼女は、彼が痩せてきて気力を失っているように思えてきた。彼女の心は、彼の貧弱な買い物に何か良い物を添えてあげたくてたまらなかったが、その勇気がない。その芸術家のプライドを傷つけるようなことはしたくなかったのだ。
ミス・マーサは、カウンターでは青い水玉模様の絹のブラウスを好んで着るようになり、奥の部屋では、クインシードとホウ酸を混ぜて何やら料理していた。昔から顔の手入れに使われているものだ。
●●
ある日いつものように例の客がやってきて、5セント硬貨を置き、硬くなったパンを注文した。ミス・マーサがパンに手を伸ばしたとき、大きなサイレンが鳴り響き、消防車が騒がしく通った。
誰でもがするように、客は急いでドアに走り寄りその様子を見ていた。
その時とっさにミス・マーサはチャンスを逃さなかった。
●●●
カウンターの後ろの一番下の棚には、牛乳屋が10分前に配達したばかりの新鮮なバターがあった。マーサは堅いパンにナイフで深く切り込みを入れ、気前よくバターを押し込み、しっかり元のように押さえておいた。
そして客が戻ってきたときには、彼女は紙で包んでいるところだった。

Thanks. I love you!!  /AyeYai----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.03

Witches' Loaves  -7-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ⑦       By オー・ヘンリー


When he had gone, after an unusually pleasant little chat, Miss Martha smiled to herself, but not without a slight fluttering of the heart.
Had she been too *bold? Would he take offense? But surely not. There was no language of edibles. Butter was no emblem of unmaidenly *forwardness.
●●
For a long time that day her mind dwelt on the subject. She imagined the scene when he should discover her little *deception.
He would lay down his brushes and palette. There would stand his easel with the picture he was painting in which the perspective was *beyond criticism.
He would prepare for his luncheon of dry bread and water. He would slice into a loaf—ah!
Miss Martha blushed. Would he think of the hand that placed it there as he ate? Would he—
●●
The front door bell jangled *viciously. Somebody was coming in, making a great deal of noise.
Miss Martha hurried to the front. Two men were there. One was a young man smoking a pipe—a man she had never seen before. The other was her artist.

とら豆


*bold:度胸の言い、あつかましい、不作法な
*forwardness:積極性、熱心、でしゃばり
*deception:だますこと、ごまかし
*beyond criticism:非の打ちどころのない
*vicious:悪意のあ、敵意のある、ひどい、はげしい、




いつになく楽しいおしゃべりを済ませて彼が帰ると、ミス・マーサは多少心臓を躍らせて顔をほころばせた。
厚かましかっただろうか、彼は不愉快に思うだろうか。いや、そんなことはない。ごちそうに言葉なんていらない、バターは中年女のずうずうしさの象徴なんかじゃあないわ。
●●
その日はずっとそのことを思っていた。彼が彼女のささやかないたずらを発見する瞬間を空想していた。
彼は絵筆とパレットを下ろすの。イーゼル(画架)には非の打ちどころのない遠近法で描かれた絵が置かれているのよ。
彼はパサパサのパンと水で昼食の用意をしようとする。パンを切ろうとすると、あ~!
ミス・マーサは顔を赤らめた。パンをかじりながらそれを挟んだ手の事を考えるかしらん。彼はーーー。
●●●
玄関のドアベルが荒々しく鳴った。だれかが大きな音をたてて入ってきた。
マーサは玄関に急ぐと、二人の男が立っていた。一人はパイプをくわえた若い男、一度も見たことない男だ。もう一人があの芸術家だ。

応援に元気づけられます。 ありがとう。AyeYai

----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.04

Witches' Loaves  -8-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ⑧       By オー・ヘンリー


His face was very red, his hat was on the back of his head, his hair was wildly *rumpled. He *clinched his two fists and shook them ferociously at Miss Martha. At Miss Martha.
"Dummkopf!" he shouted with extreme loudness; and then "Tausendonfer!" or something like it in German. The young man tried to draw him away.
"I vill not go," he said angrily, "else I shall told her."
He made a bass drum of Miss Martha's counter.
●●
"You haf shpoilt me," he cried, his blue eyes blazing behind his spectacles. "I vill tell you. You vas von meddingsome old cat!"
Miss Martha leaned weakly against the shelves and laid one hand on her blue-dotted silk waist. The young man took the other by the collar.
"Come on," he said, "you've said enough." He dragged the angry one out at the door to the sidewalk, and then came back.

雪を背負って


*clinch:(口を)堅く結ぶ、(歯を)くいしばる、
*rumple;しわくちゃにする


彼の顔はひどく紅潮していた。髪はくしゃくしゃで帽子は頭の後ろの方にずれ落ちていた。彼は激怒し、ミス・マーサに向かってこぶしを振りかざした。 ミス・マーサに向かってだ。
「こんっオタンコナスかぼちゃ~!」彼は大声で叫んだ。
それから 「どんたがふんのー!」とかなんとかドイツ語で言った。
若い男が彼を引っ張りだそうとした。
「戻らんどっ!」彼は忌々しそうに言った。「こんち話ゅすっとじゃ!!」
彼はどんっとミス・マーサのカウンターをたたきつけた。
●●
「わぃがおる やっせんごなけた!」
彼はドイツ語なまりで叫んだ。眼は眼鏡の向こうで激高していた。
「言っくるっどー、わら どんたのコンコンチキじゃー」
ミス・マーサは棚に倒れかかり、青い水玉のブラウスに手をやった。
若い男が相棒の襟に手をやった。
「行こう」「もう十分言ったよ。」そう言って、怒っている彼をドアの方へ引っ張り出し、戻ってきた。
応援に元気づけられます。 ありがとう。AyeYai      Jump to Blog Ranking
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.05

Witches' Loaves  -9  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ⑨      By オー・ヘンリー


"Guess you ought to be told, ma'am," he said, "what the *row is about. That's Blumberger. He's an architectural draftsman. I work in the same office with him.
"He's been working hard for three months drawing a plan for a new city hall. It was a prize competition. He finished inking the lines yesterday. You know, a draftsman always makes his drawing in pencil first. When it's done he rubs out the pencil lines with handfuls of stale bread crumbs. That's better than India rubber.
●●
"Blumberger's been buying the bread here. Well, to-day—well, you know, ma'am, that butter isn't—well, Blumberger's plan isn't good for anything now except to cut up into railroad sandwiches."
●●●
Miss Martha went into the back room. She took off the blue-dotted silk waist and put on the old brown serge she used to wear. Then she poured the *quince seed and *borax mixture out of the window into the ash can.

--------------- End --------------------
全粒粉入


*row:騒ぎ、騒動
*quice seed:かりんの種(?)
*borax: ホウ酸


「奥さん、まあ話は聞いてもらいましょう。」「騒ぎはこういうことなんだ。彼の名前はブルンベルガー。建築の設計図を書いているんだ。僕は彼と一緒のオフィスで働いている者です。
「彼はここ3か月、新市役所の製図に精を出していてね、賞がかかっていたんですよ。
昨日最後の線引が終わったところでしてね。
それでね、、製図士はかならずまず鉛筆で線を引く。それが出来上がると、硬くなったパンで鉛筆の線を消すんだ。インド消しゴムよりずっといいんですよ。
●●
ブルンベルガーはパンをここで買っていた。で、今日、あれですよ、奥さん、バターはまずかったなぁ。こうなったらもうブルンベルガーの製図は、駅弁のサンドウィッチにでも挟んで食っちまうしかないってもんでして。
●●●
ミス・マーサは奥の部屋に行った。ブルーの絹のブラウスを脱いで、いつも着ている古い茶色のサージに着替えた。それから花梨の種とホウ酸の妙薬を窓の外のゴミ箱に放り込んだ。

--------------- 終 --------------------

Thanks. I love you!!  /AyeYai----------《 続きを読む 》 ----------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。