--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.07

The Last Leaf  - full -

[ The Last Leaf ]   O.Henry

● The full Text ●----------《 続きを読む 》 ----------
スポンサーサイト

2008.02.08

The Last Leaf  - 1 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -1-  by O・ヘンリー


In a little district west of Washington Square the streets have run crazy and broken themselves into small strips called "places." These "places" make strange angles and curves. One street crosses itself a time or two.
●●
An artist once discovered a valuable possibility in this street. Suppose a collector with a bill for paints, paper and canvas should, in traversing this route, suddenly meet himself coming back, without a cent having been paid on account!
●●●
So, to *quaint old Greenwich Village the art people soon came *prowling, hunting for north windows and eighteenth-century gables and Dutch attics and low rents.  Then they imported some *pewter mugs and a chafing dish or two from Sixth avenue, and became a "colony."

wire puzzle


*quaint:《皮肉》風変わりで面白い、珍妙奇妙で楽しい、
*prowl:徘徊する、ぶらつく、(餌などを探して)うろつく
*pewter:白目製器物、賞金、優勝杯、
*chaf:すり切らす、こすりつける


ワシントン・スクエアの西にある小地区では、道は狂ったように複雑に入り組み、細々と分けられた区域は「プレイス」と呼ばれていた。これらの「プレイス」は奇妙な角度とカーブを描き、1本の道が1や2回は自分自身にぶつかったりもする。
●●
ある絵描きがこの通りの価値ある可能性に気付いたものだ。
まあ、考えてもごらんなさい、インク代やら紙代やらキャンバス代の請求書を持った集金人が1セントも払ってもらえずに帰って行く図を。
●●●
そんなわけでこの古くて奇妙なグリンウィッチ・ヴィリッヂには、北向きの窓や18世紀の切り妻屋根やオランダ屋根裏部屋などの安い家賃を求めて、絵描きたちがうろつく。それから彼らは、白目製マグカップやすり傷のついた皿を6番街から持ち込み「コロニー」を作っていた。


応援クリック、よろしくお願いいたします。  /AyeYai
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.09

The Last Leaf  - 2 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -2-  by O・ヘンリー


At the top of a *squatty, three-story brick Sue and Johnsy had their studio. "Johnsy" was familiar for Joanna. One was from Maine; the other from California. They had met at the *table d'hote of an Eighth street "Delmonico's," and found their tastes in art, chicory salad and bishop sleeves so congenial that the joint studio resulted.
●●
That was in May. In November a cold, unseen stranger, whom the doctors called Pneumonia, stalked about the colony, touching one here and there with his icy fingers. Over on the east side this *ravager *strode boldly, *smiting his victims by *scores, but his feet *trod slowly through the maze of the narrow and moss-grown "places."
●●●
Mr. Pneumonia was not what you would call a *chivalric old gentleman.
A *mite of a little woman with blood thinned by California *zephyrs was hardly fair game for the red-fisted, short-breathed old *duffer.
But Johnsy he *smote; and she lay, scarcely moving, on her painted iron bedstead, looking through the small Dutch window-panes at the blank side of the next brick house.

みぞれの下で


*squatty:ずんぐりした
*table d'hote:定食
*stalk:ゆったりとした、(病気などが)蔓延する
*ravager :破壊行為、惨殺
*strode:strideの過去、闊歩する
*smit:強打する、打ちのめす
*score:(古)20
*trod: treadの過去。踏み固めて歩く、舞う、踊る
*chivalric: 騎士道の
*mite: a mite of ごく少量の
*zephyr:そよ風、微風
*duffer:とんま、役立たず、いんちき商人
*smote:smiteの過去、強打する


ずんぐりしたの煉瓦造りの3階建に、スーとジョンズィーがアトリエを持っていた。「ジョンズィー」はジョアンナの愛称だ。ひとりはメイン州、もうひとりはカリフォルニアから来ている。
彼女たちは8番街の「デルモニコ」の定食で出会い、お互い、絵画、チコリのサラダとビショップスリーブの趣味に意気投合し、アトリエを共有することになったのだ。
●●
それは5月のことだった。
医者の言うには11月に入って、ハイエンという名の冷酷なよそ者がコロニーに忍び寄ってきた。そいつはその冷たい指でそこここを撫でまわしては東地区を闊歩し、何十もの犠牲者を作った。しかしこの狭くて苔むした「プレイス」の迷路を足を踏み入れるとその足取りがもたつかせた。
●●●
Mr.ハイエンは騎士道を持った老紳士なんてものではない。
カリフォルニアのそよ風で血の気の薄くなったようなカヨワイ小娘を イカサマ師がハッハと息を吹きかけながら赤い拳を振りかざすなんざぁ、到底フェアなゲームじゃぁない。
しかし奴はジョンズィーにとりついたのだ。彼女は色をのせた鉄のベッドに横たわり、小さなオランダ窓から隣のレンガ家のがらんとした端っこを眺めるだけで、身動きできなくなってしまっていた。
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.10

The Last Leaf  - 3 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -3-  by O・ヘンリー


One morning the busy doctor invited Sue into the hallway with a shaggy, gray eyebrow.
"She has one chance in—let us say, ten," he said, as he shook down the *mercury in his clinical thermometer. "And that chance is for her to want to live. This way people have of lining-up on the side of the *undertaker makes the entire *pharmacopeia look silly. Your little lady has made up her mind that she's not going to get well. Has she anything on her mind?"
●●
"She—she wanted to paint the Bay of Naples some day," said Sue.
"Paint?—bosh! Has she anything on her mind worth thinking about twice—a man, for instance?"
"A man?" said Sue, with a *jew's-harp twang in her voice. "Is a man worth—but, no, doctor; there is nothing of the kind."
●●●
"Well, it is the weakness, then," said the doctor. "I will do all that science, so far as it may filter through my efforts, can accomplish. But whenever my patient begins to count the carriages in her funeral procession I subtract 50 per cent. from the *curative power of medicines.
If you will get her to ask one question about the new winter styles in cloak sleeves I will promise you a one-in-five chance for her, instead of one in ten."

s-P1264187.jpg


*shaggy:毛むくじゃらの
*mercury:水銀(→体温計)
*undertake:葬儀屋
:*pharmacopeia:薬局方、薬物類
*jew's-harp twang:ビヤボン(口琴)アイヌの弦楽器のビヨヨ~~ンという音
*curative:治癒力


ある朝多忙きわまる医者がスーを廊下に呼び出した。白髪の交じった太い眉のその医者は、
「助かる見込みは・・10に・・ひとつ・・ってとこだね・・。」体温計を振りながらそう言った。
「あとはあの子が生きようとする気力のみだよ。こうやって人間は薬の処方の甲斐もなく葬儀屋の方に近づいていくんだ。
あんたんとこのあの若い子は、生きようという希望を失っている。何か心に思うようなことを持ってはいないのかね。」
●●
「彼女は・・いつかナポリ湾の絵を描きたいと言っていました。」そうスーは言った。
「絵かねー? ふん・・。何か、その倍くらい現実的なことはないかね。--たとえば、男、とか。」
「オトコですかぁ~ん?」 と、スーはビヤボンのビヨヨ~~ンというような鼻声で言った。
「男、って効果あんですかぁ・・? でも、・・いいえ、先生、そういうのは全くいないです。」
●●●
「ふむ、それはマズイのぉ・・・」と医者は言った。「ま、科学的にできるだけのことはやってみるがね。しかし患者が自分の葬儀の車を考えるようになっちまったら、薬の効果も半減してしまうんだよ。
もしあんたが、今年の冬のコートの袖はどんなのが流行るだろねーとか彼女に聞いてやってくれりゃぁ、10に1の希望が 5に1になることは保障するんだがね。」


----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.11

The Last Leaf  - 4 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -4-  by O・ヘンリー


After the doctor had gone Sue went into the workroom and cried a Japanese napkin to a *pulp.
Then she *swaggered into Johnsy's room with her drawing board, whistling ragtime.
Johnsy lay, scarcely making a *ripple under the bedclothes, with her face toward the window. Sue stopped whistling, thinking she was asleep.
●●
She arranged her board and began a pen-and-ink drawing to illustrate a magazine story. Young artists must *pave their way to Art by drawing pictures for magazine stories that young authors write to pave their way to Literature.
As Sue was sketching a pair of elegant horseshow riding trousers and a *monocle on the *figure of the hero, an Idaho cowboy, she heard a low sound, several times repeated. She went quickly to the bedside.
●●●
Johnsy's eyes were open wide. She was looking out the window and counting—counting backward.
"Twelve," she said, and a little later "eleven;" and then "ten," and "nine;" and then "eight" and "seven," almost together.

メロウゴールド


*pulp:  パルプ、どろどろしたもの、へたへたになる
*swagger: 威張って歩く、ふんぞり返って歩く
*ragtime: ラグタイム。米国ミズーリ州シダリアの黒人ピアノ奏者の起こったジャズ演奏形式とその曲.
*ripple: さざなみ、かすかな波
* pave the way for [to] …への道を開く;…を容易[可能]にする;結局は…ということになる.
*moncle: 片眼鏡
*figure: 挿絵、人物像


医者が帰ると、スーは自分の仕事部屋に戻って日本製タオルがびしょびしょになるほど泣いた。それから彼女はスケッチブックを持ってラグタイムを口笛しながら、元気よくジョンズィーの部屋に入って行った。
ジョンズィーは顔を窓に向け、蒲団もほとんど動かさずに横になっていた。
スーは彼女が眠っていると思い口笛をやめた。
●●
彼女はボードを用意し、インクで雑誌に絵の挿入を始めた。
若い作家は文学の道へ進むためにまずは雑誌に投稿するように、若い画家は絵画の道へ進むにはまず雑誌に絵を描かなければならない。
スーは、主人公のアイダホカウボウイに エレガントな乗馬用ズボンと片眼鏡をスケッチしていると、、低い声が何度も繰り返されていることに気付き、すぐにベッドの脇に駆け寄ってみた。
●●●
ジョンズィーは目を大きく開いて、窓の外を数えていた。逆順に・・
「12」彼女は言った。ちょっとしてから、「11」そして、「10」 さらに「9」。それからまた「8」と「7」はほとんど同時だった。

----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.12

The Last Leaf  - 5 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -5-  by O・ヘンリー


Sue looked *solicitously out the window. What was there to count? There was only a bare, *dreary yard to be seen, and the blank side of the brick house twenty feet away. An old, old ivy vine, *gnarled and decayed at the roots, climbed half way up the brick wall. The cold breath of autumn had stricken its leaves from the vine until its skeleton branches clung, almost bare, to the *crumbling bricks.
"What is it, dear?" asked Sue.
●●
"Six," said Johnsy, in almost a whisper. "They're falling faster now. Three days ago there were almost a hundred. It made my head ache to count them. But now it's easy. There goes another one. There are only five left now."
"Five what, dear. Tell your Sudie."
"Leaves. On the ivy vine. When the last one falls I must go, too. I've known that for three days. Didn't the doctor tell you?"

プリン


*solicitiously:気にかけて、案じて、細心に
*dreary:荒涼とした、退屈な
*gnarled:(木、根幹、手などが)節だらけの、でこぼこの
*crumble:ぼろぼろ、粉々

●スーは に窓の外をよーく見てみた。何を数えているのかしら。荒涼とした庭と、レンガの家の端が20ヤードほど向こうに見えるだけだ。そこにあるのは、ごつごつした根を腐らせた古い蔦。
冷たい秋の吐息に葉を落とされてほとんど裸の蔦が、骸骨のような葉をいくつか残してレンガにかろうじてしがみついていた。
「ねえ、何なの?」スーが聞いた。
●●
「6。」 囁くようなか弱い声でジョンズィーが言った。「散るのが早くなってきたわ。三日前には100くらいあったの。そのときは数えるのは大変だったわ。でも今は簡単。ほら、また落ちたわ。残りはあと5だけよ。」
「5? 何が? スージーに教えて。」
「葉っぱよ。蔦の葉。最後の葉が落ちるとき、私も逝かなければならないの。知っているのよ、あと3日だって。先生がおっしゃってたでしょ?」
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.13

The Last Leaf  - 6 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -6-  by O・ヘンリー


"Oh, I never heard of such nonsense," complained Sue, with magnificent scorn. "What have old ivy leaves to do with your getting well? And you used to love that vine so, you naughty girl. Don't be a goosey.
Why, the doctor told me this morning that your chances for getting well real soon were—let's see exactly what he said—he said the chances were ten to one!
Why, that's almost as good a chance as we have in New York when we ride on the street cars or walk past a new building.
●●
Try to take some *broth now, and let Sudie go back to her drawing, so she can sell the editor man with it, and buy port wine for her sick child, and pork chops for her *greedy self."
●●
"You needn't get any more wine," said Johnsy, keeping her eyes fixed out the window. "There goes another. No, I don't want any broth. That leaves just four. I want to see the last one fall before it gets dark. Then I'll go, too."

soup



「まあ、そんなナンセンスな話聞いたことないわ。」と、あきれ顔でとスーが文句言った。
「古い蔦の葉っぱが、あなたが良くなるのにどう関係あるというの。それにあなたは蔦が好きだったじゃない。おばかさんねぇ。つまらないこと言わないのよ。
今朝先生がおっしゃっていたのはね、あなたが回復するのは、・・えーっと・・・、なんて言ってたかしら、1に10、よ。
まあ、いうなれば、ニューヨークで路面電車に乗るとか、新しいビルの前を歩くくらいの危険率ね。
●●
ほらスープ飲んで、スージーお姉さまをお仕事に戻らせてあげて。絵を雑誌社に売ればポートワインを病気のおチビさんに買ってあげられるわ。それと腹ぺこさんの私にはポークチョップをね。
●●●
「もうワインはいらないのよ。」と、窓を見つめたままジョンシーが言った。「ほらまた落ちたわ。ううん、スープも欲しくないの。葉っぱはあと4枚よ。暗くなる前に最後の葉っぱが落ちるのを見届けたいわ。そしたら私も逝くの。」


----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.15

The Last Leaf  - 7 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -7-  by O・ヘンリー


"Johnsy, dear," said Sue, bending over her, "will you promise me to keep your eyes closed, and not look out the window until I am done working? I must hand those drawings in by to-morrow. I need the light, or I would draw the shade down."
"Couldn't you draw in the other room?" asked Johnsy, coldly.
"I'd rather be here by you," said Sue. "Besides I don't want you to keep looking at those silly ivy leaves."
●●
"Tell me as soon as you have finished," said Johnsy, closing her eyes, and lying white and still as a fallen statue, "because I want to see the last one fall. I'm tired of waiting. I'm tired of thinking. I went to turn loose my hold on everything, and go sailing down, down, just like one of those poor, tired leaves."
"Try to sleep," said Sue. "I must call Behrman up to be my model for the old *hermit miner. I'll not be gone a minute. Don't try to move 'till I come back."

味噌漬け焼き豚


*hermit:隠遁者、世捨て人

「ねえ、ジョンズィー・・・。」スーは背をこごめて彼女に語りかけた、「目を閉じるって約束してほしいのよ。 私がお仕事を終えるまで窓の外を見ない、って。明日までに絵を渡さなければならないのよ。明かりが必要なの。でなければブラインドを下げるわ。
「他の部屋で描いてくれない?」と冷たくジョンズィーはたずねた。
「ここであなたのそばにいたいのよ。」スーは言った。「それにあなたにあんな馬鹿げた蔦なんて見ていてほしくないのよ。」
●●
「終わったらすぐに教えてね。」ジョンズィーはそう言って目を閉じ、倒れて動かない像のように白い顔で横たわった。「最後のを見たいのよ。それまで待ち疲れ立わ。考えるのも疲れてしまったし。抱え込んでいたものをすべて放って解放されたいの。そして散っていきたいの、あのかわいそうな葉っぱみたいに。」
「眠りなさい」とスージーが言った。「私はベルマンさんのところへ行って、世捨て人になった炭鉱夫の老人役のモデルになってもらわないとならないの。あまり時間はかからないわ。私が戻るまで動いちゃだめよ。
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.16

The Last Leaf  - 8 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -8-  by O・ヘンリー              (全文はこちら )

Old Behrman was a painter who lived on the ground floor beneath them. He was past sixty and had a Michael Angelo's Moses beard curling down from the head of a *satyr along the body of an *imp.
●●
Behrman was a failure in art. Forty years he had *wielded the brush without getting near enough to touch the hem of his Mistress's robe.
He had been always about to paint a masterpiece, but had never yet begun it. For several years he had painted nothing except now and then a *daub in the line of commerce or advertising.
●●●
He earned a little by serving as a model to those young artists in the colony who could not pay the price of a professional.
He drank gin to excess, and still talked of his coming masterpiece. For the rest he was a fierce little old man, who *scoffed terribly at softness in any one, and who regarded himself as especial mastiff-in-waiting to protect the two young artists in the studio above.

moses



*satyr:ギリシャ神話に出てくるサチュロス
*imp:鬼の子、いたずらっ子
*wielder:武器・道具を巧みに使う
*daub:下手な絵
*scoff:嘲笑、からかい、ばかにする
*softness:うすばか


ベルマンさんは階下に住む爺さんだ。
60過ぎの絵描きで、ミケランジェロの「モーゼ」が、小鬼の体に沿ってサチュロスの頭にカールした髭を垂らしている、といった風体だ。
●●
ベルマンは芸術家としては敗北者だった。40年間絵筆を振っててきたが、女神の衣の裾にすら触れることはなかった。
彼はいつも傑作を描くのだと言っているが、いつになっても始まりそうもなかった。ここ7年ほどは、ときおり商業用がらみか広告用の下手な絵を描くくらいで、絵画と言えるものは描いていなかった。
●●●
プロとして食っていけない絵描き仲間のモデルになって小遣い銭をもらっていた。
彼はジンを飲んだくれては、いつになったら始まるかわからない彼の傑作の話をしていた。あとはのろまな人間を馬鹿にする気難しい老人といったところで、上階に住む若い芸術家を守る忠実なマスティフ(犬)だと本人は思っている。----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.17

The Last Leaf  - 9 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -9-  by O・ヘンリー              (全文はこちら )


Sue found Behrman smelling strongly of *juniper berries in his *dimly lighted den below. In one corner was a blank canvas on an easel that had been waiting there for twenty-five years to receive the first line of the masterpiece.
She told him of Johnsy's fancy, and how she feared she would, indeed, light and fragile as a leaf herself, float away when her slight hold upon the world grew weaker.
●●
Old Behrman, with his red eyes, plainly streaming, shouted his contempt and *derision for such idiotic imaginings.
●●●
"Vass!" he cried. "Is dere people in de world mit der foolishness to die because leafs dey drop off from a confounded vine? I haf not heard of such a thing.
No, I will not bose as a model for your fool hermit-dunderhead. Vy do you allow dot silly pusiness to come in der prain of her? Ach, dot poor lettle Miss Johnsy."

しゅうまいの皮


*juniper:(植物)ビャクシン
*dimly:薄暗く、ぼんやりして、
*dersion:あざけり笑う
*vass:奴隷、しもべ、
*confounded:(古)忌々しい、ひどい、けしからぬ
*hermit:世捨て人



スーは、ベルマンが下の薄暗い仕事部屋で、ジュニペールベリーの強いにおいをさせているのに気づいた。部屋の片隅の画架には、傑作となるべき一筆が下ろされるの25年も待っていた。
彼女はジョンズィーが恐れているばかばかしい話をした。しかし実際に彼女は葉っぱのように軽く今にも壊れそうなほどもろく、世の中とのつながりがさらに薄らぐならば、葉っぱと同じように散ってしまうだろうと。
●●
ベルマン爺さんは目を赤くしながら、そんなばかばかしい想像をするなんてと嘲り吐き捨てた。
●●●
「なんてこったいっ。」「蔦の葉っぱが落ちたら死ぬなんて考えるもんがこの世の中におるか! そんなこと聞いたこともないっ。
うんにゃ、わしゃお前のアホ頭のためにモデルなんざせんぞっ。な~んであの子にそんな馬鹿げたことを考えさせるようにしちまったんだ。ああ、かわいそうなジョンちゃん。」
----------《 続きを読む 》 ----------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。