--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.25

揚げだし豆腐   - 1 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]       --- 1 ---                 【原文



"Tom, we're having a problem with the gyro-stabilizer," said Mark Faber, gray-haired president of the Faber Electronics Company. "Hope you can find out what's wrong."
The eighteen-year-old inventor accepted the challenge with a smile. "I'll be glad to try, sir," he replied.
●●
Bud Barclay, a dark-haired young flier and Tom Swift Jr.'s closest friend, chuckled.
"If anyone can get the bugs out of your new invention, genius boy here will do it!"  
●●●
The two boys followed Mr. Faber and his engineers to a wooden building which was tightly guarded. Inside, a secret rocket-telemetering device was mounted on its test stand.
"As you know, Tom," Mr. Faber began, "the usual conditions of rocket flight will be—"
●●●●
He broke off with a gasp of astonishment as the whole building suddenly began to shake.
"Good grief!" Bud exclaimed. "This isn't part of your testing routine, is it?"

揚げ出し豆腐




「トム、ジャイロステイブライザー(水平安定器)が調子悪いんだ。どこに問題があるか調べてくれないか。」
と白髪まじりのマーク・フェィバー(フェイバー・エレクトロニクス・カンパニー社長)が言った。
「ええ、やってみます。」 18歳の若き発明家は笑顔で答えた。
●●
若きパイロットのバド・バークレー(トム・スウィフトの親友)がクスリと笑った。
もしだれかが君のこの新作から欠陥を見つけたら、この天才少年はへまをやっちゃったってことになる!
「君の新作ににバグを見つけられる人がいるとすれば、そりゃこの天才少年さ!」
●●●
二人の少年は、フェイバーとエンジニアに続いて、警備の厳しい木造の建物に入って行った。中には、機密ロケット用テレメータ(遠隔計器)が試験台に置かれてあった。
「知ってのとおり、トム、」 フェイバーは切り出した。「ロケットの通常の状態では・・」
●●●●
そう言いかけた時、突然建物全体が揺れ出し、フェイバーは驚き言葉を中断した。
「うわっ!」バドが叫んだ。「これってまさか実験じゃあないんでしょ?」



さあ、いよいよSFの和訳に足を突っ込みました。
ほんとうはかなり不安なAyeYaiです。さっそく教えていただきたいところがあるのです。M(_ _;)M


"If anyone can get the bugs out of your new invention, genius boy here will do it!"

準備を2週間前から始めたのですが、ここがなんとしても訳せずにいました。が、これをアップする直前に
"do it"に「へまをする、しくじる、災難を招く」という意味があることを知りました。
do it は「功を奏する、効力・効果を発揮する、成功する」という意味もあるのにどうして?!
と最初解せなかったのですが、そういえば日本語も、
「やった!」と成功を喜ぶ場合と、
「やっちまった・・・!」と失敗を嘆く場合にも使いますよね。
というわけで、この訳でよろしいのでしょうか?
それとも、
「バグを見つけられる者がいるとすれば、この天才少年の君だ!」になるのかしら。
ああ~、わからない。だれか助けてたもれ。----------《 続きを読む 》 ----------
スポンサーサイト

2008.02.26

お雛様とお内裏様 Chap1 The Earthquake -2-

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]       --- 2 ---                 【原文


His question was drowned out by cries of alarm and the sound of cracking glass. The walls and roof were shuddering and creaking, and the concrete floor was heaving under their feet.
"Look out! The test stand's breaking loose!" Tom warned.
●●
Mr. Faber and two of his men tried frantically to brace the heavy test stand which held the telemetering device. Another engineer rushed toward the door to see what was happening outside. Before he reached it, another shock knocked all of them off their feet.
●●●
Electronic cascaded from the wall shelves, and a heavy-duty chain *hoist came loose from its overhead track, *plunging to the floor with a terrifying crash.
お内裏様とお雛様


*drown out かき消す、押し流す、圧倒する
*heave 重い物を持ち上げる
*frantically 慌てふためく
*brace 補強する,支える
*hoist まきあげる、持ち上げる
*plunge 急落する

●彼の質問は、ガラスを割れる音と警報でかき消された。壁と屋根は激しく震動し軋み、コンクリートの床が隆起始めた。
「危ない! 試作台が崩れる!」トムが叫んだ。
●●フェイバーと研究員が、あわててテレメータを設置してある試作台を抑えた。ほかのエンジニアたちは外の様子を見にドアの方へ走った。がその時さらにまた大きな揺れが来て、彼らの足を奪った。
●●●電子機器が棚から崩れ落ち、天井から吊り下げられていた頑丈なクレーンがもろくも音をたてて落下した。



s-DSC01270.jpg
考えてみると、もうすぐお雛祭り。

とうとう今年はお人形は押し入れに眠ったまま。
お雛さまたちのの写真も更新せず、去年のものでごめんあそばせ。m(_ _)m


お上品におほほほ・・ と笑顔をお作りになるお雛様に

s-DSC01271.jpg

殿もコロリと参ってしまわれたのでしょうね。


☆ 写真はHP≪お雛さま≫から。


でも角度によって随分と表情が変わるのです。
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.27

パンのかりん糖 chap 1 The Earthquake -1-

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]       --- 3 ---                 【原文



"An earthquake!" Tom gasped.
Bud, meanwhile, clawed a handhold on a wire screen enclosing an air compressor and pulled himself to his feet.  
But the next moment a third, more violent tremor rocked the building, knocking him over. "The roof! It's caving in!" he heard someone scream.
●●
As his eyes flashed upward in panic, Bud caught a brief glimpse of the *ponderous test stand with the priceless telemeter tilting to one side. An instant later it crashed over, pinning Mark Faber beneath it!
Bud threw up his arms to protect himself, but too late! A falling beam caught him on the back of the head and the young flier blacked out.
●●●
For minutes, no one stirred among the wreckage. Then Tom, who had been stunned by some falling *debris, raised himself to a sitting position.
"Good night!" Tom's eyes focused in horror on the wreckage enveloped by still-billowing dust.
パンの耳のラスク

*ponderous 重くて扱いにくい.
*wreckage 破壊
*debris ガラクタ、残骸
*stun 失神
Good night! ひどい!ああうれしい!ああ驚いた、いまいましい!/畜生!
*billow 炎や煙のうねり、大波、大きなうねり

「地震だ!」トムが息を飲んだ。
バドは、エアコンプレッサを覆っているワイヤスクリーンの取っ手をつかんで、 よいしょっ!っと立ち上がろうとした。
が次の瞬間、さらに建物が大きく揺れ、バドはひっくり返った。「屋根が! 崩れるぞ!」とだれかが叫ぶのが聞こえた。
●●
バドは恐怖で目をピクピクさせながら、試作台の高価なテレメータが傾いているのに気づいた。次の瞬間に落下崩壊し、マーク・フェイバーが下敷きになった。
とっさにバドは両手で頭を抱えた、が間に合わない! 支柱が彼の後頭部めがけて落下し、若いパイロットは気を失った。
●●●
しばらくの間その瓦礫の山の中で誰も何もできずにいた。やがて落下物で気を失っていたトムが目を覚まし、立ち上がった。
「ああ!」 トムは、舞い上がるほこりに包まれた残骸に言葉を失った。




 が訳せません。(><;) Help!
たぶん私は、 pulled himself to がわかっていない。
●●●に出てくる「Good night!」という表現、はじめて知りました。
どう考えてもここで「おやすみ」ってのはおかしいし、と思い、調べたところ、
「ひどい!ああうれしい!ああ驚いた、いまいましい!/畜生!」という意味があることを知りました。
面白いですね。これって私も使ってよい言葉なのかしら?



【パンの耳のかりん糖 (ラスク)】


以前にもアップしたのですが、再登場。
(昨日は去年の人形ひっぱりだしてくるし、早くもネタが尽きたかな?)  ('▽`;)

クックパッドにもこのレシピをアップしているのですが、あきれたことに作ってくれる人がいて、(爆)
責任を感じて、自分でも作ってみました。

食パンの耳が好きじゃないので、以前はこんなふうにラスクにしたりしてたのですが、
去年からパンはすべてホームベーカリーで作っているので、耳というものが出ななりました。
HBの食パンは外側が香ばしくて美味しいのです。

というわけで、今日は耳欲しさにHBで食パンを作って、ラスクを作ってみました。

結果:あんまりいい出来ではなかったかな。(笑)
耳を目的の大きさに切ってから、外気に触れさせ、乾燥させるべきでした。
それからトースターで焼けばよかった。
AyeYaiさん、そういうことも言ってくれなきゃぁ・・!

というわけで、レシピ、少し言葉を追加します。


▼ パンの耳のかりんとう▼ レシピ

【材料】
パンの耳  乾燥した状態で100gくらい(1斤分) 
砂糖    80g
水     大2
バター   大1
シナモン  適宜

【作り方】
1 パンの耳をからからにする。
   耳は切ってしばらく放置し、乾燥させてから、
   低めのオヴン(またはトースター)で焼くとよいです。
2 シロップを作る。
   スープ皿に 砂糖、水、バター をラップせずに電子レンジで2、3分チン。
   (あぶくが全体にブクブクしている状態。)
3 絡める。
   大きなボールでパンの耳と、熱いシロップを手早くしっかり絡める。
   (両手に箸かスプーンを持って、空気に抱き込むよう激しく大急ぎでからめます。)
4 シナモンをお好みで振る。


2008.02.28

挽肉と塩鮭の蒸し物 - The Earthquake 4 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]       --- 4 ---             【原文

The sky was visible through several gaping holes in the roof, which was *sagging dangerously on its supporting trusses. Only two thirds of the walls were still standing.
Suddenly Tom stiffened in fear. "Bud!" The young inventor had just noticed his friend lying pinned beneath a heavy beam nearby. Was he still breathing?
●● 
Disregarding his own injuries, Tom hastily freed himself from the debris and *groped his way to Bud's side. With a desperate heave, he shoved the beam away, then cradled Bud's head in his arm. His friend's eyelids flickered."Are you all right?" Tom asked fearfully.
●●● 
The answer came in a groan. "O-oh!... Wow!... What hit me?"
"You got conked by a falling timber. Or grazed, at least," Tom added thankfully. "If that beam had landed square on your noggin, even a rock-head like you couldn't have survived!"
Bud managed to grin. "We grow 'em tough out in California where I come from!" he joked.

挽肉と鮭の蒸し物

*sag 落ち込む、沈下する  
*truss 縛り上げる  
*group 手探りする  
*conk 頭を打つ  
*graze かすめる、軽く触れる


辛うじて落ちずにぶら下がった天井の隙間から空が見えた。壁は3分の2ほどが崩れずに留まっているだけだった。
突然、トムは愕然とした。「バド!」
若い発明家は、重い柱の下敷きになっている友人に気付いた。まだ息をしているだろうか?
●●
自分のけがの事も忘れ、トムは残骸を払いのけ、バドに駆け寄り、夢中になって支柱を取り払った。それからバドの頭を抱き抱えた。彼の親友の瞼がぴくついた。
●●●
唸り声が返ってきた。「うぅ・・うう・・、何が落ちてきたんだ?」
「角材が頭に落ちたんだよ。でもちょっとかすった程度だね。」トムは安堵して言った。「もし柱がもろに当たってたら、さすがの石頭の君も生きちゃなかったね。」
バドは笑顔を見せ、「カリフォルニア育ちはタフなのさ。」とジョークを飛ばした。


Today's Photo:  挽肉と鮭の蒸し物

挽肉と塩鮭の蒸し物です。妙な組み合わせですが、おいしかったのでレシピを載せておきます。
もともとのレシピでは、さらにエビが入るのですが、うちはケチりました。('▽`;)
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.02.29

雛人形   / - The Earthquake -5 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]     - 5 -             【原文


Somewhat shakily, Bud *got to his feet with Tom's assistance. Both boys were *heartsick as they surveyed the damaged laboratory, wondering where to begin rescue operations.
"It was a quake," Bud stated grimly. He had heard about the great San Francisco earthquake from his grandfather, and had no doubt about the nature of the tremors.
●●
Just then Tom glimpsed a body *protruding from under the wreckage of the telemetering device.
"Mr. Faber!" he gasped.
The two boys *scrambled through the clutter of *debris toward the spot where the test stand had been erected. Bud seized a slender, steel I beam and managed to *pry up the wreckage while Tom carefully *extricated Mr. Faber.
●●●
The scientist seemed to be badly injured. "We'd better not try to move him," Tom decided. "We'll get an ambulance."
Of the four other company engineers, two were now stirring and partly conscious. The boys found a first-aid cabinet and gave what help they could to them and the other two men. Then Tom taped a bandage on Bud's scalp wound.

Hina_お囃子

*get to one's feet 立ち上がる
*heartstick  深く悩んでいる;悲嘆にくれた.見るも痛ましい,ひどく意気消沈している.
*protrud 突き出る
*debris がらくた、残骸
*scramble 先を競って~する、よじ登る、緊急発進する
*pry 苦労して動かす
*extricate 解放する


バドはふらつきながら、トムの手を借りて立ち上がった。
めちゃめちゃになった研究室を見回し、ふたりとも途方に暮れ、救援隊の到着を待った。
「地震だったんだ。」バドは忌々しそうに言った。サンフランシスコ地震のことは彼のお祖父さんから聞いていたが、実際自分の身に起こるとは夢にも思わなかった。
●●
ちょうどその時、残骸となったテレメータの下から人の体の一部が見え、ギョッとした。
「フェイバーさんっ!」すぐさま二人は散乱物をかき分けて実験台のところに駆け寄り、バドは細長いI型の梁を当てがって瓦礫をどかし、トムがフェイバー氏をそっと引救い出した。
●●●
その科学者は大けがをしているようだ。「動かさない方がいいと思うよ。」とトムが判断した。「救急車を呼ぼう」
4人のエンジニアたちのうち、二人は意識を取り戻し始め朦朧としている。少年たちは救急箱を探し出し、使えそうなものを渡した。それからトムはバドの頭の傷にばんそうこうを当てた。


雛人形

こちらも去年撮影した雛人形たち。
雛_お囃子


今夜はおうどん

雛人形の美しさって、日本人だからわかるような気がします。外国の人から見ると、どう感じるのかしら。

さて、今夜はいつものHB&パスタマシンのコンビで、うどんを作りました。
でもいつものとはちょっと違う。かなり違う。
何が違うかというと、----------《 続きを読む 》 ----------

2008.03.01

カレーうどん焼きそば  - The Earthquake -6 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]     - 6 -             【原文


"Let's see if we can find a telephone and call the local hospital," Tom said.
"Right!" Bud responded.
●●
They picked their way through the wreckage and emerged on a scene of frightful destruction. The main plant building of Faber Electronics had been partially demolished by the quake. Power lines were down and an outlying storage shed was *ablaze. *Dazed and panic-stricken survivors were wandering around aimlessly or rushing about to assist the injured.
●●●
"Good thing the main shift of workers *knocked off before this happened," Bud observed with a shudder. "There would've been a lot more casualties."
●●●●
"Look!" Tom pointed to a huge crevasse. "Right where we landed our Whirling Duck!"
The boys exchanged *rueful glances as they realized that the craft which had brought them to Faber Electronics—one of Tom's unique helijets—had been swallowed up in the gaping *chasm.
カレーうどん焼きそば

*ablaze  炎上する
*daze   ぼうっとする
*knock off  たたき落とす、払い落とす、打ち負かす、やっつける、〔仕事などを〕中断・中止する
*rueful 痛ましい、悲しそうな、後悔している
*chasm 深い裂け目、深淵


「電話使えるかな? 病院に電話しよう。」トムが言った。
「うん。」バドが答えた。
●●
崩れ落ちが残骸をかき分けながら進むと、恐ろしいまでに破壊されていることがわかった。フェイバーエレクトロニクスのメインプラントの一部は壊滅状態だった。電力は落ち、倉庫は炎上していた。人々は放心状態になり、またあるいはけが人の世話に走り回っていた。
●●●
「メインシフトの人たちは地震の前に仕事を終えていて難を逃れたらしいよ。」バドは身震いしながら見渡した。「もっと負傷者はいるんだろうな。」
●●●●
「見て!」トムは大きな割れ目を指差した。「あそこが僕らのホイール・ダックが着陸したところだ。」
"少年たちは、フェイバーエレクトロニクス社に乗りつけた、トム考案のヘリジェットが深淵に飲み込まれたことを知り、愕然とした。


カレーうどん焼きそば ??

昨日うどん生地にSBカレー粉を入れて麺を作ったところ、外野がうる・・ woops, 訪問して下さる皆様が(汗;)コメント欄でいろいろアイデアをくださいました。(爆)

上の写真は、今朝の「カレーうどん焼きそば」です。
KIDさんに言われたそのまんまの、肉・野菜と炒め、だし醤油で味をつけました。
こりゃ定着しそうだね、と夫にも好評。でも次回はソース味にするようにとの要望。

ついでにこちらは昨夜の「カレーうどん」
----------《 続きを読む 》 ----------

2008.03.02

押し寿司  / - The Earthquake -7 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]     - 7 -             【原文


"No use *fussing about it now," Tom said. "Come on, Bud! Let's see about getting help for Mr. Faber!"
Despite the chaotic confusion, the boys managed to locate the plant *superintendent—a harried, middle-aged man named Simkins—who was doing his best to restore order. Simkins, who had not been injured, informed them that electricians were *rigging an emergency telephone line in order to get through to the nearby town of Harkness.
●●
"Mr. Faber is badly injured," Tom said. "Why not send a car? It's only a few miles away, isn't it?"
●●●"I'll send the plant nurse to him," Simkins said. "As for going to town, take a look at the parking lot." He pointed with a *jerk of his thumb. The cars on the lot had been smashed into junk by bricks from a collapsing wall of one of the buildings. "And the only truck we had available was in that burning shed," the superintendent added bitterly.
押し寿司

*fuss 空騒ぎする、つまらないことで悩む、気をもむ
*superintendent 最高責任者
*rig 使えるようにする、準備する
*jerk ぐいっと動く



「しょうがないさ・・。」トムは言った。「行こう、バド! フェイバーさんの助けになるものを探すよ。」
大混乱の中、二人の少年はの40代の工場長、シンプキンスにやっと行き会えた。彼に怪我はなく、何とか平常に立て直そうと最善を尽くしていた。
また電気技師たちは、ハークネスのそばの町と連絡が取れるよう緊急電話を直していた。
●●
「フェイバーさんが大けがしているんです。」とトムが伝えた。そして「どうして車を使わないんですか? たった2,3マイルでしょ?」と言うと、
●●●
シンプキンスは、「彼のところへは工場内の看護師に行かせよう。」と答え、「町に行きたくもあれを見てごらん。」と駐車場の方へ親指を向けた。建物の壁が崩壊し、車はめちゃくちゃになっていた。
「頼みの綱のトラックも燃えてしまったよ。」と最高責任者は苦々しく言った。



明日はお雛祭り。木枠を使ってのお寿司を作りました。 Pressed Sushi

去年は寿司ロールを作りましたが、今になってみると、よう、あんなことやったなと。(笑)
今年はあんなことをする馬力ありません。(><)
材料費も大幅にケチって、マグロとアボカドを買っただけ。

ご飯とご飯の間は、焼き海苔と胡瓜の薄切り。
寿司_アボカド

アボカドを乗せて平らに押さえて切ってから、まぐろ(わさび醤油漬)を載せました。

----------《 続きを読む 》 ----------

2008.03.03

市松人形 / - The Earthquake -8 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]     - 8 -             【原文


"*Tough break," Tom sympathized. "Anyhow, we want to help. Got a job for us?"
Simkins was only too glad to put Tom's *quick mind and keen technical know-how to use. Within minutes, Tom was in charge of clearing away *rubble and extricating anyone who might be trapped inside the buildings. Bud organized a fire-fighting crew to keep the blaze in the shed from spreading.
●●
The telephone line was soon repaired and a *steady stream of rescue vehicles began arriving from Harkness—fire trucks, three ambulances, and private cars driven by volunteers.
Two hours later there was nothing more Tom and Bud could do at the disaster scene and they hitched a ride into Harkness. The town had suffered some damage, though only slight compared to the destruction at the plant.
●●●
"The center of the quake was right under Faber Electronics," Tom remarked.
From a pay telephone, he called Swift Enterprises in Shopton. This was the experimental station where he and his father developed their many amazing inventions. Tom asked the operator to send a helicopter immediately to pick them up. He also called home and spoke to his sister, Sandra.
いちまさん

*tough break 残念です
*quick mind  頭の回転の良さ
*rubble 破片、ガラクタ
*steady stream of 絶え間なく続く


「まいったな・・。」トムは唸った。「とにかくなんとかしなきゃ。僕たちにできることありますか?」
シンプキンスは、トムの頭の回転の速さと高度な技術力がありがたかった。少し考えてから、瓦礫を片付けて下敷きになっているやも知れない人々を救いだすようトムに頼んだ。バドは、火が倉庫に延焼しないようにと消防士のところへ走った。
●●
電話線はすぐに修理され、救急車が3台、ボランティアの車など、救助の車がハークネスの町から続々と到着した。
2時間もすると、被災地でのトムとバドの仕事がなくなり、ヒッチハイクでハークネスに向かった。町は多少の被害はあったが、工場の破壊と比べれば小さいものだった。
●●●
「地震はまさにフェイバーエレクトロニクスを直撃したんだ。」とトムが言った。
"彼は、公衆電話からショプトンのスウィフト・エンタープライズに電話した。
それは彼と彼の父親が多くの発明品を生み出す実験ステーションだ。トムはヘリコプターを至急向けるよう電話交換手に言った。それから家にも電話して、妹のサンドラと話をした。"

市松人形



モツ煮 (トリ)

血に飢えているはるちゃんのために心をこめてもつ煮を作りました。----------《 続きを読む 》 ----------

2008.03.04

ほうれん草のキッシュ / - The Earthquake -9 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]     - 9 -             【原文


"What a relief!" Sandy gasped. "We heard a bulletin about the quake over the radio!"
"Don't worry, Sis. Tell Mother and Dad that we're okay," Tom said. "We'll be home in a *jiffy—with big appetites!"
●●
The helicopter arrived within twenty minutes at the place Tom had named. After landing at Enterprises, the boys drove to the pleasant, tree-shaded Swift home on the outskirts of town.
●●●
Mrs. Swift, a slender, petite woman, tried not to show concern when she saw the boys, bruised and *disheveled. "I'm so thankful you're both safe!" she murmured.
●●●●
Blond, blue-eyed Sandy, who was a year younger than Tom, had invited her friend Phyllis Newton to the house for dinner. Phyl, a pretty, dark-haired girl, was the daughter of Mr. Swift's long-time friend and business associate, "Uncle Ned" Newton. The two girls were as much upset as Tom's mother.

福寿草とあぶ

*jiffy すぐに
*disheveled 〔服装・髪などが〕乱れた、だらしない


「よかったわ!」サンディが安堵した。
ラジオの速報で知ったのよ。
「心配はいらないよ。僕たちは大丈夫だからってパパとママに伝えて。」トムは言った。「すぐに帰るからって。もうお腹ぺこぺこだよ。」
●●
20分ほどしてトムが指定した場所にヘリコプターが到着した。エンタープライズについてからは二人の少年は、町の郊外にある住み慣れたわが家へ向かった。
●●●
スウィフト夫人はほっそりとした小柄な女性だ。夫人は、怪我をし乱れた身なりの彼らを見て敢えて心配そうなそぶりは見せず、「二人とも無事でよかったわ。」と穏やかに迎えた。
●●●●
ブロンドの髪と青い目のサンディはトムと1歳違いの妹。
その日は彼女の友達であるフィリス・ニュートンに夕食に招待していた。フィルは黒髪のかわいらしい少女で、スウィフト氏の仕事仲間でもあり長い友人でもある「ネッドおじさん(ネッド・ニュートン)」の娘である。二人の少女もトムの母親と同様に不安でならなかった。


簡単・ほうれん草のキッシュ

 英語では登場者の目の色・髪の色の表現がでてきます。
何度か「dark-haired」という表現が出てきています。一応「黒い髪」と言う意ことで訳しているのですが、本来はどんな色なのでしょうか? また、「black」という色もあるので、どう違うのでしょうか?

ほうれん草をたっぷり食べたくて、ほうれん草のキッシュを焼きました。
これは卵液を流して焼くだけの簡単レシピです。

ほうれん草のキッシュ


≪ほうれん草のキッシュ レシピ≫----------《 続きを読む 》 ----------

2008.03.05

コーヒーデニッシュ ポテトデニッシュ / - The Earthquake -10 -

連載:  TOM SWIFT AND THE VISITOR FROM PLANET X
      Chap.Ⅰ [The Earthquake]     - 10 -             【原文


Tom laughed. "We're not stretcher cases," he said. "Why, one of the ambulance doctors checked us out."
Bud groaned. "Why did you have to go and spoil it?" he complained jokingly. "I was all set for Sandy's cool soothing touch on my fevered brow!"
●●
Mr. Swift came into the living room just then and told Tom how worried Mrs. Swift and Sandy had been. "I tried to assure them that you and Bud can take care of yourselves in any crisis." He smiled guiltily as he added, "But I must admit I was more than a little concerned myself."
●●●
As Tom grinned, the resemblance between him and his father was very evident. Both had the same clean-cut features and deep-set blue eyes, although Tom Jr. was lankier and taller.

コーヒーデニッシュ



トムは笑って、「ストレッチャーのお世話にはならないさ。な~に、救急医が見てくれたから心配ないよ。」 というと、バドが「どうして断っちゃったのさ。」と口を尖らせて、「サンディのやさしい手で僕の額を撫でてほしかったのに。」と冗談を言った。
●●
ちょうどその時スウィフト氏がリビングルームに入ってきて、お母さんや妹がどんなに心配していたかを話した。「お前とバドはどんな状況下だってうまく切り抜けるさと説得しようとしたんだがね。」「しかし、ほんとは私自身、心配していたんだが。」と照れくさそうに笑った。
●●●
トムは、自分と父親はやっぱり似ているんだと思い、思わずクスリとした。二人とも整った目鼻立ちをし、堀の深い青い目をしているが、トムの方が少しひょろっとして背が高かった。


 訳せません。どなたか救いの手を・・・!  (⇒ 景子さんMeiさん、ありがとう。解決できました。)


コーヒーデニッシュ と マッシュドポテトデニッシュ

昨日は一日時間があったので、デニッシュを作りました。
時間がかる生地なので、やる気とヒマが一致した時でないと作れないのです。

クロワッサン生地

・強力粉 225g
・薄力粉 55g
・バター 15g
・砂糖 大2
・スキムミルク 大1
・塩 小1
・卵 1/2個
・水 140cc
・ドライイースト 小1

・折込用バター 100g
    レシピでは140gとあるところをケチって100gにしましたが、結果、充分オーライでした。

コーヒーデニッシュは、生地にインスタントコーヒーの粉とグラニュー糖をたっぷり乗せてクルクルっと巻きました。
マッシュドポテトのデニッシュ

これはマッシュしたジャガイモに塩コショウしマヨネーズをあえたものをくるくるくるっ。

Mushed potato Danish

長方形に切った生地にマッシュドポテト乗せ、三つ折りする。そして、上に包丁を入れ、中が見えるように開いて、さらにポテト、ベーコンを乗せて焼いたもの。

Mushed potato Danish

ポテトも悪くはないけれど、甘くて苦いコーヒーデニッシュが very much 美味~。
焼きたてはほんと、おいしい!    かなり食べ過ぎてしまった。(><)
----------《 続きを読む 》 ----------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。