--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.30

卵白のお菓子ラングドシャー

写真: 黄色い花
記事: ラングドシャー (シガレット)



わからない


冷凍室に卵白が取り残されている。
先日、思い切ってラングドシャーを作った。
チュイール


バター:砂糖:卵白:粉=1:1:1:1 とわかりやすい材料。

バター::砂糖:卵白:粉(薄力粉+アーモンドプードル)=90g:(50+40)g:90g:90g
にアールグレーのティーバッグの葉っぱを追加した。

1 柔らかくしておいたバターをボウルに入れてクリーム状にする。
  砂糖を加え、白っぽくなるまで混ぜ、 
  卵白を加え、さらに混ぜ、
  ふるっておいた粉類と紅茶の葉を加え、つやがでるまで良く混ぜる。
  30分以上休ませておく。Zzzzz..
2 オーブンシートに生地をのばし、180℃で分7分位焼く。
3 オーブンからとり出したらすぐに箸に巻きつけ丸め、網の上に乗せて乾かす。

ほんとはシガレットにしたかったののだけれど、熱くてうまくいかなかったので、リベンジした。

ただし、今度はバターをつかわずに。
ちょうど高級ティーバッグ(^^)v をいただいたので、アールグレーを1袋入れてみる。

ラングドシャ-


【バターなし】

・サラダオイル  25
・グラニュー糖  40
・卵白       40(卵1個分)
・薄力粉     40 + アールグレーのティーバッグ1袋


バターを使わずにサラダオイルに替えた。それも量を減らして。
巻々するとき熱いので、保冷剤で手を冷やしながら作業をした。
おかげで今度はばっちりシガレット。

ラングドシャ_シガール


頂き物のティーバッグがとっても良い香りで、おかげでバターがなくても十分芳醇なラングドシャになった。いつもの安ティーバッグとは違うわぁ。

ただし、雨期に作るもんじゃぁない。すぐに湿気てしまう。(><)
スポンサーサイト

Posted at 19:49 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.06.29

チェリーセージ、蜂

写真: チェリーセージ

チェリーセージ

他所のお宅の花。赤色と白色の配分がさまざまなのが面白くて、カメラを向けていると、
隣の花にハチがやって来た。

ハチ

早く撮らなくちゃ!

ハチ

う~ん、ピントあまい・・。

Posted at 22:42 | 08_Others | COM(4) | TB(0) |
2008.06.29

熱帯スイレン、牛肉チップス

写真: スイレンの葉、熱帯スイレン
記事: 赤城牛チップス


今日は法事でした。
供養のお念仏のあとは、ご住職のありがたいお話・・

蓮
なのだけれど、1年前と全く同じお話。(><;) 

熱帯スイレン
               これは熱帯スイレン(園芸店での盗撮。 

今日はドギツイ色でごめんあそべ。


お寺を後にして、赤城山方面へ向かい、雨の墓地へ。雨の墓地もしっとりときれいです。
(慎みまして、写真は1枚も撮っておりません。)そのあとは会食。
たらふくご馳走になった帰りは、「お腹いっぱいだねー」と言いつつ、寿司屋によってあれこれつまんで帰ってまいりました。
----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 20:17 | 08_Others | COM(4) | TB(0) |
2008.06.28

桐生梅田方面

写真: 桐生梅田方面

群馬県桐生市の北部にある梅田方面へ行きました。
梅田湖
梅田湖。

梅田

桐生川のせせらぎ。

桐生きのこ会館の山

梅田の野菜直売所で買ったのは、もちろん、梅。
梅

それと、トウモロコシ。
焼きトウモロコシ

焼きトウモロコシになって、婆ちゃんのお腹に入りました。----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 19:47 | 08_Others | COM(6) | TB(0) |
2008.06.27

フランネルフラワー、アルメリア

写真: フランネルフラワー フェアリーホワイト、アルメリア(浜かんざし)、ほか1

園芸店で盗撮してきた花たち。良心を痛めながらカメラをむけているので、ピントがあまい。(><)
フランネルフラワー フェアリーホワイト

フランネルフラワー フェアリーホワイト。
岐阜県農業技術センターが育成して、ジャパンフラワーセレクションで受賞した注目の花だそうです。

フランネルフラワー フェアリーホワイト

花びらの先が葉っぱの色をしているところが私は気に入りました。
(フランネル: Flanel, Flannel フラノ。紡毛織物ののひとつ。やわらかく、ややけばだたせたもの。)

けど、冬向きの花だわね~。暑そう。

アルメリア

アルメリア(ハマカンザシ)


P6173251わからない


Posted at 21:20 | 08_Others | COM(11) | TB(0) |
2008.06.26

佃煮昆布パン

写真: カメムシ、ツルとアリンコ
記事: 佃煮昆布パン


先日公園に写真を撮りに行った時に見つけた変なヤツ。
カメムシ

こちらはアリンコかな。

ツルとアリ


昨日の記事に「続きを読む」があったそうで、みなさんにコメント欄で「続きがない!」と怒鳴り込まれました。(笑)
続きはありません。こちらの手違いです。ごめんあそべーー。 m(_ _ ;)m


で、昨日のまぁるいパンは、なんてことはない佃煮昆布のパンです。すみません、こんなもんで。

佃煮昆布と大豆
第一次発酵が終えたパンを伸ばして、佃煮昆布とついでに大豆をばらまいてクルクルっ。

ロールを何等分かに切って、化粧粉を振って焼成したり、
あるいは、焼きあがったものにまた飾りの昆布とマヨネーズをあしらったりしました。



佃煮昆布のパン


佃煮昆布


くるりと巻いたものを切って、
四角いパウンドケーキ型に入れて、
重石を乗せて発酵・焼成するとこんな感じ。




佃煮昆布




Posted at 21:05 | 08_Others | COM(2) | TB(0) |
2008.06.25

折鶴蘭、 折込パン

写真: 折鶴蘭
記事: さつま芋シートのパン


オリヅルラン。
オリヅルラン

そういえば鶴のように見えるような気がする。

オリヅルラン
                           「おや、雨は上がったのかい?」

さつま芋をシート状にして、ふんわりソフトな折り込みパン。
さつま芋シートのパン

みんりんさんのクックパッドで、黒糖シートの作り方を知ってから、折り込みパンをあれこれ楽しんでいる。

カットの仕方

加熱してマッシュしたさつま芋に砂糖を加え、牛乳で伸ばし、シート状にします。
デニッシュパンを作る要領で、さつま芋シートを畳んでを伸ばし、畳んで伸ばし、畳んで伸ばし、折り込みの生地を作る。
長細く切って切りこみを入れて/\字型にし、1方向へ巻き、半分に折ると、ねじった形になります。



もう一種類一緒に作ったのは、・・・
巻きこみパン

                     ・・・もったいないから明日にしよっと。 (^0^)
----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 19:28 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.06.24

アジサイ / ファイトプラズマ

写真: 紫陽花
記事: ファイトプラズマ
(phytoplasma)

こちらは先週、前橋の嶺公園山で撮った紫陽花。

アジサイとバッタ

これから色が変わるのだろうか、それともそういう種類の花なのかしら。
あるいは品種改良されていない原始的な紫陽花なのだろうか。

アジサイ
こちらのほうが実物の色に近い。

花の名前を調べていたら、「葉化病」というものがあることを知った。

ファイトプラズマによる葉化病
ファイトプラズマという微生物の感染によって、花を構成する花弁、雄しべ、雌しべなどが緑色になってしまう病気。
感染した植物は次第に衰弱し、やがては枯死する。治療法はなく、病気の株を焼き捨て、ほかの株への感染を防ぐ必要がある。ヨコバイなどの昆虫が媒介するが、切った鋏などからも感染する。

アジサイやポインセチアなどの緑化した花を新種として珍重されることがあるが、実はファイトプラズマによる病気であることが考えられるようだ。
現在、開花初期から一貫して緑色のアジサイはないとのこと。

    ★ ファイトプラズマに関する詳細 ⇒東京大学/植物病理学研究室

・・・この紫陽花はもしかして、このファイトプラズマに感染しているのかしら。
そしてこのバッタが媒介となるのだろうか・・・。
今頃太陽をたっぷり浴びて綺麗な色になっているとよいのだけれど・・・。


お口直しにいかにも健康的な紫陽花。
アジサイ




Posted at 20:15 | 08_Others | COM(8) | TB(1) |
2008.06.23

アジサイ (額縁型) 

写真と記事: 紫陽花 (額縁型)隅田の花火 ほか

今日は、ガクブチ型のアジサイ。

外側から咲いてこれから中央に進むように見えるがそうではない。
内側の小粒は両性花と呼ばれ結実する。一方外側は中性花と呼ばれ、花弁ではなく額が変化したものなのだそうだ。
アジサイ
咲き始めのまだ蒼白いころが美しい。

「アジサイ」の由来は、真藍(さあい)が集まる(あづ)ことからこう呼ばれるようになったらしいが、いろいろな漢字が充てられている。
「味狭藍」 「安治佐為」 見慣れた「紫陽花」は本来はほかの花につけられるべき名前だったとか。
また呼び名もいろいろで、「八仙花」「手毬花」「七変化」「ヨヒラ」また、「七面鳥」と呼ぶところもあるそうな。

こちらは「隅田の花火」と呼ばれる紫陽花。

スミダノハナビ
----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 18:27 | 08_Others | COM(11) | TB(0) |
2008.06.22

アジサイ (手毬型) 

写真: 紫陽花 (テマリ型)

しとしと雨が続きます。
今日と明日は紫陽花を選びました。
まずは全体に咲く、手毬型の紫陽花。
アジサイ
実家の紫陽花。                        (6月3日撮影)
若い黄緑色から・・、

白に。                        ・・・でもちょっぴり水色の予感・・。
アジサイ

いつのまにかやさしい水色に変わっていました。
アジサイ
                             (6月22日撮影)


こちらは、5月27日にアップしたアジサイが、こんなにも色が変わりました!
アジサイ
とても同じ花とは思えないでしょ?
でも、今日は、
紫陽花
なんとピンクになっている!
なんとお色直しが忙しい花たち。(^~^)



Posted at 19:14 | 08_Others | COM(11) | TB(0) |
2008.06.21

クイニーアマン

写真: クイニーアマン

Kouign amann。 フランスのブルターニュ地方における伝統的な洋菓子なんですってね。
クイニーアマン


パン屋さんに足を踏み入れなくなって2年近くなります。
クイニーアマンて、今も売ってるのかしら。
しっかり甘くて、しっかりカリカリして、しっかりサクサクしたパンだと思ってますがどうだったかしら。

クイニーアマン


日本語では、クイニーアマンと言ってますが、ほんとはどう発音するの?
どうもこの発音は納得いかないというか、「食いねぇ餡饅で」みたい好きでないのです。

カナダにお住まいのカイシャさんに発音を聞いてみたところ、
「食いねーや、Man」と言うらしいっす。さすがフランス語にも強いカイシャさん。(爆

クイニーアマン


甘いカリカリが食べたくて作ってみました。
(実は先週も作ったのですが、失敗したので、これはリベンジ編です。)

【今回のレシピ】 参考までに  (あくまでも AyeYai流)
----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 20:19 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.06.20

ピーマン、ナス、ポテトチップス

写真: ピーマンの花、茄子の花、
記事: ポテトチップス


Heroがかわいがっている野菜たちも花を咲かせている。

ピーマンの花


Heroは毎日5時前に起きて、庭仕事をして、そしてお弁当を持って会社へ行く。
帰ってくるとアタッシュケースを開き、「ご馳走様」とお弁当箱を取り出す。

今日もいつものようにお弁当箱しか入っていないアタッシュケースを開けて、
お弁当箱に手を伸ばした。
「ご馳走・・・あ”っ!!

茄子の花


「お弁当食べるの忘れた!!」  「道理でお腹すいてると思った・・・。」

ポテトチップス


こういうボケのケースは珍しいと思う。ふつうは、「AyeYaiさん、お昼はまだですか?」でしょ?

写真1枚目はピーマン。そういえばピーマンっぽい花。2枚目はご存知、ナス。

庭のジャガイモでポテトチップスを作った。ノンオイルにしようと、電子レンジで作ってみたり、オーブンで作ってみたりもしたけれど、やっぱり揚げたのがおいしい。

【レシピ】

まずは用意するもの: 洗濯機 約1台   それとランジェリーネット。----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 20:50 | 08_Others | COM(7) | TB(0) |
2008.06.19

朝露と待宵草

写真: 雀の鉄砲と滴、待宵草
記事: パソコンを手放す時は・・


我が家の茶の間にはコンピュータがごろごろしている。
スズメノテッポウ

夫のが3台、私のが2台。ほかの部屋にも4台。
AyeYaiのお古に、娘のお古に、息子のお古に、爺ちゃんのお古に、友達のお古に、(‘▽‘;)
Heroが使うのはみ~んなお古。(^^;) いっぱい侍らせて喜んでいる。Rickeyじゃないんだからハーレムはやめてほしい。

邪魔だから捨ててよというのだけれど、なかなかウンと言ってくれない。

水玉の向こうの花は


ところが2日前、ちょうどリサイクル業者の声が聞こえたので、Heroに話すと「いいよ」と許可が出た。
ステレオを3台、掃除機1台、カセットデッキに、テレビチューナー、それとコンピュータを2台引き取ってもらった。
隣で突っ立っているHeroを指して、こーゆーのも引き取ってもらえるんですか? と聞くと、
「いえ、生ゴミ、腐り物は引き取らないんです。」 そっかぁ・・・。

とにかく思い切って引き取ってもらった。全部で2000円支払った。

マツヨイグサ?


ところが今朝になって蒼ざめた。データを消すのを忘れてた!!
なんてこと!!
こんなドジを踏むとはなさけない。壊れて起動できず長く使っていなかったので、データの事はころりと忘れていたのだ。 マジやばい・・・・ (><)

Posted at 21:09 | 08_Others | COM(6) | TB(0) |
2008.06.18

麦刈り(ロール)

写真: 農村風景(麦刈り)

昨日、前橋の公園の帰り、たんぼでは稲刈り 麦刈りをしていました。
北海道のような広いところでこのような風景は想像できるけれど、こちら群馬で見るようになったのは最近だと思う。
麦刈

私自身、黒いシートで巻かれたロールは見ることはあるけれど、できたてのほやほやのを見たのは初めて。(ロールは牛さんのご飯になります。たぶん。^^;)
ロールにして

農家のことがわからないので説明文書けまへん。(><)
農夫

おばあちゃん、ご苦労様。

で、公園の写真はどうした、って?
なまえわからず

・・・いいの撮れなかった・・・><)  


【追記】
コメントでRickeyさんがロールについて教えてくださったので、追記しておきます。

AyeYaiに代わって説明いたします。
このロールはロールベーラーとういう機械で作ります。
作られたロールはラッピングされその中で乳酸発酵が行われます。いわゆる牛さん用漬物ですね。通常の牧草より乳酸発酵した草のほうが栄養価が高くて乳牛の餌に適しているからです。以前は真っ赤な屋根のサイロの中で発酵させたりしていましたが、このロールベーラーが出来て、手軽で簡単に、しかも施設も必要なくサイレージが作れるので 多くの酪農家が使っています。        へ~ぇ

                   Rickey, いつもありがとう!!

そっか! なるほどね~。
牛さん用の漬物だったのですね。
それにしても牛ってすごいですね。草や漬物を食べるだけで牛乳やビーフを私たちに供給してくれるのですから。

Posted at 20:23 | 08_Others | COM(6) | TB(0) |
2008.06.17

農村風景 (棚田で)

写真: 農村風景、蛇苺

今日はHeroが休暇をとるというので、写真を撮りに行くことにしていた。
早起きなら任せて!のHeroは、ゴ親切に朝5時前に「朝だよ~」とハイテンション。
普段だったらゼッタイにこんな時間に起きたくないけれど、写真のためには起きるっきゃない。
目的地は前橋市の嶺公園。でもその前にひっかかった。

路傍の花を見ては、「ちょっと待って。」
アカハナユウゲショウ

(赤花夕化粧:名前を教えてくれた はづきさん、ありがとう。)

あ、ヘビイチゴ! 「ちょっと撮ってくる~。」
ヘビイチゴ


山を見ては、「うわ~、素敵ぃ~。」 
山と棚田


もうこうなったら車なんぞ運転してられない。
朝の田圃


ふだんは歩くの嫌いなAyeYaiも田舎道に入ったら人が変わる。(爆)
田圃と朝の一筋


車とHeroを放り出して、あっちでパシャ、こっちでパシャッ。
田圃に水をひく


農作業のおじさん、おはようございます、写真撮らせてください。(^~^)
田植え後のお手入れ


とうぶん嶺公園に着きそうにない・・・・。

Posted at 21:17 | 08_Others | COM(6) | TB(0) |
2008.06.16

羽蝶蘭、ロベリア、サモサ

写真: 羽蝶蘭、ロベリア ほか
記事: サモサ


羽蝶蘭
ウチョウラン


ロベリア
ロベリア


わからない
カイシャの言うには、シャンペングラスピラミッド ですって。ほんま?


先日、カレーパンを作ったときのドライカレーが余ったので、サモサを作った。

サモサ
子供が小さい時はよく作ったが、そのときは春巻きの皮。
今回は手作りの皮。春巻きの皮よりはるかに作りやすい。



----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 20:29 | 08_Others | COM(10) | TB(0) |
2008.06.15

山丹花、カレーパン

写真: 山丹花(サンタンカ) 
記事: カレーパン


友人の家の鉢植え。
今日花屋さんのコーナーを通ったらちょうどあったので、ようやく名前が判明した。
サンタンカ
山丹花(サンタンカ)というのだそうだ。明日になればきっと名前わすれてるわ・・・。(><)

ドライカレーのパン。
去年はカレーパン作ろうとして、うっかりコロッケパンになってしまったことがあったっけ・・。
カレーパン

今回はすんなりできたもんね。でも油で揚げたのは3つだけ。
あんまり油は摂取したくないので、これはひとにあげて、

うちのは健康的にオーブンで焼きましたよ。(笑)
カレーパン

いくつか包むのに失敗。
そんなときは開いたままでオーブンで焼けばいいさ。(^0^)
カレーパン
焼きたての熱アツを食べられるのは、作った者の特権。

でも今回の目的は、巻きこみカレーパン。
カレーパン

最近は巻き巻きにしたり、シートを作って折り込みにするのがおもしろい。

ドライカレーが余ったので、次に作ったのは、サ・・

あ、テレビ見る時間だ。
NHK大河ドラマを今年こそは見ようと思う。
なにせテレビを見る習慣がないので、どうしても忘れてしまう。まだ3,4回しか見ていない。(><)

続きは明日にしよ。

Posted at 19:55 | 08_Others | COM(11) | TB(0) |
2008.06.14

娑羅双樹

写真: 娑羅(シャラ/サラ)

シャラ。不思議とこの音が好き。仏教用語には美しい響きを感じることがしばしばある。本
当はどう発音するのかは知らないけれど、なんとなくいい響き。でも英語のSarahの発音も好きだわ~。
シャラ

樹皮が剥がれ、モノトーンが哀しく美しい。

花は椿によく似ている。ナツツバキとも言うそうだが、花びらがひらひらと薄い。
椿と同じで、やはりポトリと散る。
シャラ

娑羅: 仏教聖木のひとつで、釈迦が入滅(死去)するときに周りにあったと伝えられるそうな。

シャラ


祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
         平家物語 冒頭 

(読みと意味はこちらでどうぞ。)AyeYaiに聞いてもわかりまへん。(><)



Posted at 20:56 | 08_Others | COM(9) | TB(0) |
2008.06.13

クスクス、 ポピー

写真: ポピー
記事: クスクス & Couscous


ポピー


Chiblitsさんが、クスクスのサラダをアップされていた。
クスクス(phalanger)って言えば、タスマニア地方に住む有袋類っしょ!
ブチクスクス






(写真は日本平動物園よりお借りしました。)

こんなの食べちゃうの?!  うん、なかなかおいしそう・・・・(爆)

と思ったら、クスクスとはデュラム小麦粉に水分を含ませ粒状にして蒸したものなんですってね?
とchiblitsさんにコメント書いたら、「スパゲッティをプロセッサーで細かくすれば、クスクスみたいになるから作れ」と言われてしまった。(><) 言うんじゃなかった。(笑)

しかし生憎 AyeYaiんちは、ここ2年近く生パスタなのでスパゲッティがない。
パスタのデュラムセモリナ粉ならあるので、これでなんとかならないだろうか、とレシピをさがしたところ、ありましたよ、こちらに。【ギリシャのご飯

デュラムセモリナで自家製クスクス


こんな感じでできあがりました。

[AyeYai流クスクス]----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 21:06 | 08_Others | COM(15) | TB(0) |
2008.06.12

ピンクマーガレット / シリアルバー

写真: ピンクマーガレット(ローダンセマム)  (名前追記しました。)
記事: シリアルバー 

また名前わかりません。(><)ローダンセマム

    ※(追記) ピンクマーガレット だそうです。カイシャさん、ありがと~。


超カンタン、 シリアルバー

昨日、真っ赤な酸塊(スグリ)の写真を載せた際、英名は"Currant"だということを知った。
カタカナ書きとしては、カーラントとか カラントとか、カレンツとか言っているらしい。
どっかで聞いたことある名前だけれど、ふ~ん・・・くらいですませた。

ところでそのスグリをアップしたあと、久しぶりにお菓子を作った。といっても、溶かしたマシュマロにケロッグのシリアルを混ぜただけの超カンタンなもの。
シリアルバー

何かポイントに入れましょう、と思い、
そうだ、"カレンツ"があるのを思い出した。山ブドウということで、パン用に購入しておいたものだ。
ちょうど干しブドウを小さくした感じ。
袋の「カレンツ」という文字を見て、はっとした。カレンツ? さっき話題にしたばかりのCurrantsじゃないの!

というわけで、赤スグリを入れたシリアルバーです。赤はフレッシュ赤スグリ。
シリアルバー


【レシピ】 レシピ 
コーンフレーク   50g
マシュマロ     70g
バター        10g
ドライフルーツ    適宜 (ここでは カレンツ)


① フライパンにバターを弱火で溶かし、マシュマロを散らして入れる。
② マシュマロが溶けてきたら火を止め、シリアル、ドライフルーツを投入してマシュマロを絡ませる。
③ 良く混ざったら、オーヴンシートの上に広げ、平らに押さえつけて整える。
  冷めたら切って、できあがり!

めちゃ簡単でしょ。 小さなお子さんと一緒にいかが? 

【追記】 ローダンセマム(マーガレット)であることが判明。
ピンクマーガレット








Posted at 20:49 | 08_Others | COM(16) | TB(0) |
2008.06.11

酸塊(すぐり) Currant 、白妙菊

写真: 酸塊(スグリ)  白妙菊(追記)

義姉の家の実、スグリ。
スグリ

調べてみると、酸塊(すぐり)は、赤、白、黒とあるようだ。

黒スグリは、フランス語で Cassis(カシス)、英語はBlackcurrant, 学名Ribes nigrum,
赤スグリは、英名がCurrant(カラント)、俗称 GooseBerry(グーズベリー)。Ribes rubrum。

スグリ


苗を分けてくれたので、来年がとっても楽しみ。(^~^) 

スグリ



ところで、やはり義姉の庭にあった植物。

わからない

なんですか、これ? どなたか教えてたもれ。

【追記】
わかりました、早速コメント欄に答えをいただきました。(Rickeyさん、Thank Uです。^^)
キク科の白妙菊 だそうです。
シロタエギク

ビロードのように白い産毛に覆われていますが、形は確かに菊系ですね。
黄色い花が咲くようです。
学名 Senecio cineraria。Senecioはラテン語の老人を意味するそうな。別名 Silver Dust.






Posted at 21:00 | 08_Others | COM(13) | TB(0) |
2008.06.10

アプチロン (チロリアンランプ)

写真: アプチロン(チロリアンランプ)

アプチロン(チロリアンランプ) と義姉は教えてくれた。
先日義姉の家を訪ねたとき、庭の小さな花たちをいろいろ紹介してくれたものの一つ。
チロリアンランプ

先週甲府での結婚式は義姉と一緒だった。彼女は銀塩の写真愛好家。
同じ風景を見、私がデジカメでパシャパシャ撮っている隣で、彼女はじ~っと構想を練り、たった一度パシャ。
一方私は、まだ未練がましくパシャってる。

彼女の写真はどれもため息がでるほど美しい。
真似して私も初めて自分の写真をL版に印刷してみた。ネットの注文で、1枚19円と安い。
アプチロン

が、さっそく届いた写真を見てがっかり。改めて義姉の写真の確実な美しさを知ったAyeYaiでした。


Posted at 21:01 | 08_Others | COM(9) | TB(0) |
2008.06.09

下野/京鹿の子、 ちびカエル

写真: 下野(しもつけ)、 チビカエル?

下野(しもつけ)。バラ科。
シモツケ

下野の国(栃木)で発見されたとか、下野でたくさん咲いているとか、らしい。

キョウガノコ(?)

どピンクのあとは、渋い色のカエル。

チビカエル

AyeYaiの手が巨大なのではありません。

エイサ、コラサ
                              ヨイショ・・・、コラショ
痩せガエル、負けるなAyeYaiここにあり。

Posted at 20:10 | 08_Others | COM(22) | TB(0) |
2008.06.08

ドクダミ、 どくだみの天ぷら

写真: ドクダミ

どくだみの花ってけっこうスキ。
どくだみのにおいもけっこうスキ。
ドクダミ

こんなキツイ名前をつけられてかわいそうなくらいの清楚な花だと思う。
おまけに薬としての効果もあるのに雑草として嫌われるのがかわいそう。

体内の老廃物の除去作用、毛細血管の強化作用、また神経細胞や筋肉組織を活性化する働きなどがあるそうです。具体的には:

アレルギー性鼻炎、喘息(ゼンソク)、糖尿病、腎臓病、膀胱炎、整腸、胃腸病、胃痛、腹痛、便秘、下痢止め、婦人病、淋病、高血圧、神経痛、打ち身、二日酔い、皮膚病、水虫、たむし、あせも、ただれ、湿疹、吹き出物、破傷風、化膿止め、火傷(やけど)、解毒、風邪予防、癌予防、強壮、胆石症、蓄膿症、痔、動脈硬化、冷え性、かゆみ止め、熱冷ましなどです。          (引用

 だそうです。
ドクダミ


乾燥させ煎じた葉でお茶にしたり、お風呂に入れたりなどは知っていますが、
若いどくだみで天ぷらもアリですって。
うどん

というわけで、まずはうどん。久しぶりにパスタマシンでうどんを切る。

ドクダミの天ぷらを作る前にWebで調べると、香りは飛んで薬効だけが残るという人と、きつい匂いはそのまんまだった、という人と両極端。 ・・・さてどんなもんでしょー・・・
どくだみの天ぷら

絵的に奇麗に仕上がりません。紫蘇は青く揚がるのですが、ドクダミはすぐに茶色になってしまいました。
味はどうってことないです。むしろ甘みを感じました。
香りは元々好きな類なので、良いと思います。ドクダミだけをバクバク食べると嫌になると思いますが、他の物をいただきながら、ドクダミもつまむとちょうど薬味のようになります。紙を食べてるような紫蘇の天麩羅よりはむしろ美味しいかもしれない。

Posted at 19:37 | 08_Others | COM(14) | TB(1) |
2008.06.07

テッセン_花のあとと滴、蝶

写真: テッセン花のあと、蝶

鉄線の花もいいけれど、花の後もイイ。
テッセン

ツンツン頭にしずくたちがじゃれつく
テッセン

雨上がりの庭ふと誰かの視線を感じたようで顔をあげてみると、蝶がこっちを見ている。
チョウ

「ねえ撮って。」と言わんばかりに。
しかし生憎、AyeYaiは蝶は嫌いなのです。
チョウ

でも、ま、いっか。せっかくですから。  パシャッ。

Posted at 19:33 | 08_Others | COM(8) | TB(0) |
2008.06.06

カラー(和蘭海芋)

写真: カラー(オランダカイウ)
記事: カラーの名前の由来

私の好きな花、カラー。雨がよく似合う。
カラー

実家のカラーは湿地にあるので、いつもたくさん綺麗に咲く。

一方我が家のは、乾いた土に植えられているので、ちょっとかわいそう。
カラー

もう10数年前、農家の畑で咲いているのを見て驚いた。
湿地で育つものだとばかり思っていたので、一生懸命驚いてみせたら、シャベルで掘って球根を分けてくれた。(^^)v やったね。

玄関前の特等席に植えると、葉っぱを見てみなさんが、
「さつま芋ですね~」と褒めてくれる。   (' ▽`;)

カラー

これまで「カラー」と呼んでいた。襟みたいな恰好だからカラーなのかしらくらいに思っていた。
実際Webで調べると、「ワイシャツの襟みたいだから」とか、「修道女の襟から取った」とか、ある。
しかしスペルは、「襟」のcollar(カラー)じゃぁない!  どういうこと?!

学名「 Zantedeschia aethiopica」、別名 「Calla lily」とある。
Zantedeschia は植物学者の名前で、エチオピアのZantedeschiaさん--ってとこらしい。
原産はアフリカで、江戸中期にオランダ船から伝えられたものらしい。で、
和名「和蘭海芋(オランダカイウ)」 なるほど、芋だ。

英名は、「Calla lilly
「Calla」とはなんだろう?
調べてみると、magnificent beauty らしい。
ということで、AyeYai的考察: 
カラー ・・・・・気高い美しさ、壮大なる美     ・・・・ナットク。
calla


花びらのような白い部分が、「苞」 (ほう:芽や蕾をおおって花を保護する)」、
中央の黄色い部分を 、「肉穂花序」 (にくすいかじょ:花序の一種で中軸が肥厚して多肉質となり、その周囲に柄のない多数の花が密生しているもの)


Posted at 20:49 | 08_Others | COM(7) | TB(0) |
2008.06.05

じゃがいもの花

写真: ジャガイモの花

今日も奥秩父の写真から。
奥秩父

(安上がりだな~、わたし。たかが1、2日ドライブしたくらいでこんなに楽しめるんですから。)

ここの村で見つけたもう一つの花。わかりますか?
じゃがいもの花

じゃがいもの花。
我が家にもじゃがいもの花はあるのですが、まだらできれいではない。
でもWebで調べたら、ジャガイモの花はとてもきれいとある。ほんまかいな? 
と思っていたところ、この村でじゃがいもの花に出会うことができた。
うん、透明感があってなるほどきれい!

こちらは我が家の南側のジャガイモの花はまだらで小ぶり。
うちのじゃがいもの花

紫の濃いところと白いところの差が大きい。きっと種類が違うのね。

おまけ。うちのジャガイモの葉っぱにまあ、こんなにも天道虫が!
テントウムシ~ズ

ちょっと「やらせ」が入ってます。(><)

Posted at 21:14 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.06.04

精進湖と富士山

写真: 精進湖から見る富士山

先週の続き。甲府で一泊したあとは、精進湖まで足をのばす。
典型的な富士山の写真.  ^^;

精進湖と富士山

ほんとだぁ、絵ハガキの富士山と同じだ・・・。

精進湖と富士山

子供のころ家族と、また修学旅行で来たことはあるので、初めてではない。

精進湖

海はおろか湖を見ることもあまりない私にとって、山よりもむしろキラキラと湖面を踊る
光たちに感動を覚える。

精進湖と富士と釣り人と



そうそう、結婚式ではメインのお肉がおいしかった。
ビーフと柔らかいお肉の二種が重なっていた。フォアグラかしら。

で、忘れないうちにとマネしてみた。ただしレバーで。
しかも薄い豚レバーしかなかった。(><;)
レバー入り焼肉

レバーは予めバターで火を通して・・・・・と思ったけれど、バターがもったいないからやめて、(笑)
和風にした。
ソテーして醤油味をつけてから薄切り肉でサンドにして、大根おろしでさっぱりと。
うん、レバーとの組み合わせは悪くない。
レバー入り焼肉

今度はビーフを買って洋食でやってみよっと!

Posted at 20:47 | 08_Others | COM(9) | TB(0) |
2008.06.03

蕎麦の花 (秩父)

写真: 蕎麦の花
記事: 奥秩父・荒川村にて


何の花かご存知ですか?

蕎麦の花

ソバです。蕎麦の花。

荒川村と蕎麦畑

雁坂峠(秩父)へ向かう途中、霧の山波を撮りに雨の中を車から降りると一面の白い畑。
畦道を夢中になってズボズボと靴を汚し、花に走り寄ると、義姉が蕎麦の花だと教えてくれた。
あまりにも小さくて素朴な花なので、義姉の勧めがなければ撮ることもなかったかもしれない蕎麦。

蕎麦の花

写真を趣味にする義姉は、多くの景色や花たちを撮って来た。
車のナビをセットして甲府ヘ向かったわけだが、彼女のナビがまたすごかった。
一度通ったところはすべて頭にインプットされているのではないかと思うほどよく覚えている。
おかげで今回ほど面白く有意義に感ずるドライブはなかった。感謝。


Posted at 20:36 | 08_Others | COM(8) | TB(0) |
2008.06.02

雁坂峠へ向かう

写真: 雁坂トンネル手前(埼玉側)

先週末は親戚の結婚式で、山梨県の甲府に行ってきました。
旅行をすることが皆無に近い我が家としては、ひさびさの長距離ドライブ。
朝5時半に家を出、義理姉を拾って、埼玉に入りました。
お天気はあいにくの雨。
奥秩父荒川村白川橋より

いえ、決してあいにくではない。雨だからこそ美しい山々に出会えました。

霧の奥秩父

雨に感謝。そしてこの道へ導いてくれた義姉に感謝。
雁坂トンネル手前の黄色い橋を見る(埼玉側)

これからあの黄色い橋を渡り、雁坂トンネル(埼玉県秩父市の大滝村から山梨県甲府市へのアクセス)に入ります。

結婚式という目的がなければ、ずっと撮っていたいような景色の連続です。
旅行というものに全く興味のないAyeYaiでしたが、ちょっと変わるかもしれない・・・



Posted at 22:37 | 08_Others | COM(11) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。