--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.31

ずっしりしっとり濃厚かすてら

写真と記事: ずっしりしっとり濃厚かすてら

去年もカステラを作ったけれど、ケーキのスポンジみたいで、不満が残っていた。
カステラはもっと重くなければならない。もっと濃密でなければならない。
レシピをあっちこっち探して、ようやくお気に入りのカステラができました。

ずっしりカステラ

重要なのは、新聞紙で中箱を作ること。そしてふたをすること。

濃厚かすてら

ところで、カステラのスペルは"Castella". これをスペイン語発音すれば、カスティージャ。
「スペイン語」はスペイン語で"Español"だけれど、南米では 「Castella(カスティージャ)」と呼んでいる。
ふと気がついた。(なんで今頃?!) カステラはカスティージャのことなのだ!

"Pão de Castella" 「カスティージャ(当時スペインの大部分を支配していた王国の名前)のパン」が「カステラ」になったらしい。
(まったく私ったら、気がつくの遅すぎ!)  ・・ああ、スペイン語、なつかしい・・・

カステラ

このカステラ、何がめんどくさいって、新聞の型をつくるのがめんどくさい。
それ以上に蓋の工面に苦労した。同じ大きさの焼き型を乗せたり、
ヨックモックの箱で作ってみたり。
結局、銅板を買ってきて、両端を折り、ふたを完成させました。
レシピ自体は簡単で慣れれば10分ほどで準備ができてしまいます。
調子に乗って、この10日ほどで5,6個作っている。いくつ食べる気だ、AyeYai.(笑)

【ずっしりしっとり濃厚かすてら】 レシピ  
にほんブログ村へジャンプします。----------《 続きを読む 》 ----------
スポンサーサイト

Posted at 20:02 | 08_Others | COM(7) | TB(0) |
2008.07.31

かまきり、AyeYaiの通信簿公開

写真: かまきり (ピンボケごめん。暑いから許して) m(_ _)m
記事: 通信簿


せいざんさんが通信簿を公表されていた。(あんまり優秀じゃあないわな。爆)
かまきり

私はきっと優等生よ。

かまきり

と思ったら・・・
かまきり
にほんブログ村へジャンプします。

----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 14:49 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.07.30

とまとの花

写真: トマト
記事: あと2年もつ?


tomato

HeroがボロPreseaを車検に出した。17歳。(AyeYaiのことじゃないわよ。プレセアのことよ。) 
2年前の車検の時も、廃車にするよう促したけれど、20万キロ達成したいのだという。
現在19万5千キロ。

車のみならず、Heroもボロボロのガタガタ。趣味の畑をやりすぎで腰が曲がっている。
今からこんな爺臭くなってしまってどうするんだろう。
トマトの花

Preseaの走りはいいのだけれど、見た目が真剣にボロ。
いや、見た目だけではない。
時計は表示しなくなった。カセットテープは動かない。
それはいい。エアコンが効かなくなった。この暑いってのに!

しかし、ハンドルは回る。

とまとの花

車検から戻ってきた愛車はすこぶる快調だとHero爺、腰を曲げながら大喜び。
Hero 「これであと2年持つ。(^~^)v」

どっちが? 車 OR 人間?
にほんブログ村へジャンプします。 にほんブログ村へジャンプします。


Posted at 20:24 | 08_Others | COM(12) | TB(0) |
2008.07.29

じゃがいもパン

写真: ユリ
記事: ジャガ芋パン


(アルプの里にて)

じゃがバタ・・・
じゃがいもパン
ではなくて、ジャガイモパン。じゃがいもと粉、半々です。

元レシピはANYRECIPEから。

そのアレンジで、ベーコンとニンニクを入れてみました。
ポテトパン
しっとりして、とってもやさしい生地に仕上がりました。
しばらく芋パンにはまりそ。

今日の 【ベーコン入りジャガイモパン】 レシピ (ホームベーカリー使用)
にほんブログ村へジャンプします。----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 20:25 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.07.28

ゴーヤ

写真: ゴーヤ
記事: ゴーヤと豆腐のサラダ


ゴーヤ。または苦瓜。
ゴーヤ

すっかりおなじみになったゴーヤ。
見た目があまりシュミでないので、あまり好きではないが、ようやく今年あたりから抵抗がなくなって来た。

まずはあまり主張のないところで、ゴーヤのチャーハン。
ゴーヤの炒飯
卵を軽くスクランブルして取り出しておく。
豚肉を炒め、鷹の爪をパラパラ、ゴーヤを炒め、ご飯も炒める。我が家の味は、かつおだし。顆粒のカツオだしを多めに、(普段使う量の3倍くらい)入れる。そのかわり塩はちょっと少なめ。ふんわり柔らかい味になる。
水を大さじ1~2杯入れると、ご飯がパラパラになる。
最後に卵を戻してさっと和えて、はい、いっちょ上がり。


ゴーヤと豆腐のサラダ
ゴーヤと豆腐のサラダ
参考レシピ:Cpicon ジョンリークッカーさんのゴーヤ・しそ・みょうがのゴマ梅醤油和え

【ゴーヤと豆腐のサラダ】 レシピ
にほんブログ村へジャンプします。

----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 21:51 | 08_Others | COM(17) | TB(0) |
2008.07.27

蓮と睡蓮、糸蜻蛉

写真と記事: 蓮、睡蓮、イトトンボ

花びらが散り始め、花托が育ち始めた蓮。
蓮

蓮は、蜂の巣状の花托ができることからハチス→ハスと呼ばれるようになったとか。
根の部分は蓮根、つまりレンコンである。

ハス

糸蜻蛉(イトトンボ)のいた蓮池です。
ハスとスイレンて同じだと思っていたら違うのですってね。  

Nelumbo nuciferaスイレン_映り
蓮は、葉っぱは基本的に丸。
水面に浮く葉があったり、水面からぐぃっと高い所にあったりもしますが、花は水面から高く出て咲くのだそうです。
また葉っぱはしっかり防水加工されているようです。(クリックで拡大)
こちらはスイレン。
葉っぱは切り込みが入っている。
睡蓮の葉は水の上にぷかぷか浮いていて、多くは水面のすぐそばで開花するそうです。
(クリックで拡大)

 

おまけ

飽きもせずに今日も糸蜻蛉。

イトトンボ_Wx4 

トンボの産卵がとてもわかりやすく書かれてあるサイトがあります。

「神戸教育情報ネットワーク デジタル化神戸の自然シリーズ」

連結状態で産卵する様子がこちらで見られます。(こちら

 

メスは、オスに頭を踏んづけられたままあっちこっち連れまわされ、挙句、この状態で産卵するらしいです。

ん・・・・・、うれしくないっ!!  ね。女性のみなさん!

にほんブログ村へジャンプします。

Posted at 19:07 | 08_Others | COM(10) | TB(0) |
2008.07.26

イトトンボ

写真: イトトンボの交尾

しつこく今日も糸とんぼです。
イトトンボ_MakeLove

な、なんと体が柔らかい・・・!
Wikipediaによれば、右にいるのがオスのようです。
イトトンボ_MakeLove

ってことは、頭を抑えつけてとんでいるのがオス?! 失礼だわっ!

イトトンボ_Wx3

にほんブログ村へジャンプします。




Posted at 20:36 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.07.25

糸トンボ、コンパスを使ってスイレンの花を作る。

写真: 糸とんぼ
記事: コンパスで作るスイレンの花


水清し 水面に浮かぶ睡蓮に 遊ぶ幸せ吾イトトンボ    reiko

イトトンボ_Wx2
苦しい闘病生活を送りながらも日々を楽しく過ごそうとがんばってらっしゃる reikoさんが
糸とんぼの歌を詠んでくださいました。 
 
reikoさん、勝手に使っちゃいました。あとで請求書を送りつけないでください。m(_ _)m




子供のころ、スイレンと称してコンパスで花を作って楽しんでいたのを思い出す。
スイレンとコンパス

スイレンの線
初めて持ったコンパスということもあって、弧を描くのがおもしろく、いくつもスイレンの花を作っていた。
色を塗って、鋏で切り、花びらをすべて畳む。
庭には本物のスイレンがあり、ん? ホテイソウだったかしら・・。そこに浮かべるのだ。
しばらくすると花びらが一つ、また一つと開いていく。



コンパスで作るスイレン
今は洗い桶に浮かべる。('▽`;)

にほんブログ村へジャンプします。

ランキングに参加しています。
応援クリックを頂けると励みになります。
AyeYai




Posted at 20:26 | 08_Others | COM(9) | TB(0) |
2008.07.24

イトトンボ

写真: イトトンボ

昨日に引き続き、イトトンボの登場です。

イトトンボ_W
義姉が糸蜻蛉を撮りに行こうと誘ってくれたわけですが、ほんとのところあまり期待していなかったのです。
ところが池にいくと、こんな不思議なトンボたちが実際にいるんですね。
炎天下、夢中になって撮りました。
義姉が心配して、「ほら、水飲みなさい。」と差し出してくれる水を飲む間も惜しんで
トンボに首ったけ。(^~^)

イトトンボのいた葉っぱ
トンボたちが暮らす池には、こんな葉っぱがあります。この細長い葉の上で悠々と暑い夏を楽しんでいるようでした。

糸とんぼ_W

いつも見にきてくださっている reikoさん、この水面に映るスイレンと糸蜻蛉で、何かお歌ができますか?


にほんブログ村へジャンプします。応援クリックをいただけると大変ありがたいです。

Posted at 20:47 | 08_Others | COM(6) | TB(0) |
2008.07.23

IE7タブ操作

写真: 名前わからない

記事: ブラウザ(IE7)でリンク先を開くときのショートカットキー

 葉っぱと滴  

ブラウザでリンクをクリックすると、新しいサイトに飛んで行く。

ところがその時、元のページの上に新しいページが開いて、戸惑うことはないだろうか。

あるいは逆に、いくつもリンク先が開いて邪魔に思うことはないだろうか。

CtrlキーとShiftキーの操作で開き方を変更できることを知っていると便利です。 

たとえば、「リンク」をクリックするときに 

クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大  

Ctrl+リンク  ・・・・・・> 新しいタブにリンク先が表示されます。(図中)

Shift+リンク  ・・・・・・> 新しいウィンドウが開き、リンク先が表示されます。(図右)

※ 個人の設定にもよります。

IEのツール>インターネットオプション のタブ>設定で変更できます。

 クリックで拡大 

*なんでこんなことを書いたかと言うと、ストーカーの 親切なカイシャさんが、

ブログ村のアイコンを押すと、AyeYaiが消えて、ブログ村に飛んで行ってしまう、AyeYaiを残してブログ村も表示しろ、とモンク言っているので、ショートカットキーを提案してみました。

けど、彼女はIEじゃないので関係なかったかも。(^^;)

にほんブログ村へジャンプします。



Posted at 21:58 | Computers | COM(5) | TB(0) |
2008.07.23

スイレン、イトトンボ

写真: 睡蓮、糸蜻蛉

義姉に案内されてスイレンの池に行ってきました。

スイレンの沼

「水連」ではなく、「睡蓮」と書く方が正しいようですが、和名は「未草(ヒツジグサ)」と言うのだそうです。
睡蓮池の隣には蓮池がありましたが、それはまた明日。

しかしこの日の目的は睡蓮でも蓮でもなく、
睡蓮と糸蜻蛉
青くて細いとんぼ、糸蜻蛉です。

正面から見ると、
イトトンボ

まるでメタリック。もち、コンピュータ・グラフィックではありませんよ。
イトトンボ
明日もイトトンボ、つづきます。

にほんブログ村へジャンプします。

カイシャん、直したわよ。これでよいけ?

Posted at 20:31 | 08_Others | COM(4) | TB(0) |
2008.07.22

カサブランカ、ソフトフランスパン

写真と記事: ソフトフランスパン、カサブランカ

久しぶりに作ったソフトフランス。今回もバターは使わずオリーブオイル。
ソフトフランス_レーズン
レーズンをごろごろ入れてみた。すかすかであっちが見えちゃう。

こちらは焼成前に チョッキン、チョッキンと十字にハサミを入れ、焼成後バターを乗せてみた。
ソフトフランス_バター

週末来客があったので、翌朝のテーブル。
ソフトフランスいろいろ



庭のカサブランカが満開。
カサブランカ

ひとつ、あっちの方をむいてしまって誰にも見てもらえないのがあったので、1本切って花瓶にさした。が、

にほんブログ村へジャンプします。


うちのトイレ、臭いんです。(><)----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 20:37 | 08_Others | COM(14) | TB(0) |
2008.07.21

モヒカンパン、 威嚇するバッタ

写真と記事: モヒカンパン、バッタ

ツンツン。
ツンツンパン

モヒカンパンとでも名付けましょうか?
モヒカン
焼成前にハサミでチョキチョキチョキしました。



雀の声がする。でもちょっと様子が違う。
窓を開けると雀が飛び去り、そのあとにはバッタらしきものが尋常でない姿をしている。
バッタ

近寄ると、まだ恐怖から冷めやらぬらしく、興奮状態。
羽を精一杯に広げ、足を踏ん張り、ワッ、ワッ、ワ~~ッ(とは言わないけれど)と全身を突き出し、必死に威嚇している。
バッタ

大丈夫よ、もうスズメは行ってしまったわ。やさしいAyeYaiがついてるわん。(^~^;) 

5分ほどたっただろうか。
バッタ

ハッと我に返ったバッタは、羽を畳み、スススス---と近くの棒に駆け上った。(その速いのなんの)
よほど怖かったのだろう、心臓がバクバクしているのが見える。
バッタ
フゥ・・ネムイデス・・・


P.S. そうだわ、この子、思い出した。
数日前の夕立の時、窓を見るとノウゼンカズラにこの子がいたのだった。
おお、大きなバッタ! と窓を開けたら逃げてしまった。 きっとあの時の子だわ。

にほんブログ村へジャンプします。

Posted at 17:57 | 08_Others | COM(12) | TB(0) |
2008.07.20

小さな花と虫

写真: アルプの里の小さな生き物たち

葉っぱの穴からひょっこり顔を出した小さな花。
葉っぱの穴から
いったい誰が穴を開けたのでしょう。

ムシ
はい、ワタクシがご馳走になりました。

コケ
苔もよく見ればおもしろい・・かな・・。やっぱ気持ち悪い・・?

ヤゴ
これはヤゴ? かなり大きいです。




カイシャんが記事の最後にボタンを置けとうるさいので、カイシャ用ボタンを用意しました。(爆)
にほんブログ村へジャンプします。

これでよござんしょか? 


Posted at 21:01 | 08_Others | COM(11) | TB(0) |
2008.07.19

シコタンハコベ、ホテイマンテマ

写真: シコタンンハコベ、ホテイマンテマ

今日は義姉に案内してもらって糸トンボを撮りに行った。

けど、イトトンボはまたあとにして、(笑)
シコタンハコベ
今日は先週行った「アルプの里」での花から。(^0^)

シコタンハコベ。 赤い点々がなんともかわいらしい。
シコタンハコベ


ホテイマンテマ。
ホテイマンテマ

どちらかと言えば、私は花の後の方ががおもしろいと思う。
ホテイマンテマ
雨でどれも痛んでしまってよい状態のが見つからなかった。機会があったらもう一度撮り直してみたい。


「アルプの里」(HP)は、新潟県湯沢町。ロープウェイに乗って上がり、高山植物を見ることができます。
ロープウェイ



Posted at 21:18 | 08_Others | COM(5) | TB(0) |
2008.07.18

紫式部、紫蘇うどん、鯵の南蛮風

写真: 紫式部
記事: シソ入りうどん、アジの唐揚げ、


ムラサキシキブ
ムラサキシキブの実は綺麗に並んでくれるときれいなものだが、花はイマイチ。

ムラサキシキブ
でもこうして良く見ると、どうしてどうして立派な花だ。

ムラサキシキブ


うどん食べるときにシソを薬味に入れるのがめんどいので、シソうどんにした。(笑)

生地は例によって、ホームベーカリーの「うどんコース」
10分ほどしてから、みじん切りにしたシソの葉をどっさり投入。
あとはパスタマシンで伸ばす。
紫蘇うどん

ついでにこっちは鯵の唐揚げ。
アジの揚げもの
3枚におろしたアジは細長く切って、片栗粉をまぶして揚げる。
ネギの細切りを用意し、揚がったアジを乗せ、
醤油、みりん、酢の合わせ調味料で和える。あ、ししとう入れればよかった・・・。


Posted at 20:07 | 08_Others | COM(6) | TB(0) |
2008.07.17

豆の花

写真と記事: 何の花?

この白い花、何の花だかわかりますか?
S_beans_flower
小さくて質素な花です。去年も庭にあったのですが、花の時期も短く、というか、
花であることにも気付かなかったかもしれない。

bean
今年はカメラを向けてみたのですが、小さくて撮りにくかったです。

grove
こんな風にたくさんHeroが育てています。

わかりましたか? 
ではわからない人たちの為にヒントを上げましょう。ね、はるちゃん

1 大豆の花
2 グリンピースの花
3 豆腐の花

答えは次のページ
----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 21:44 | 08_Others | COM(7) | TB(0) |
2008.07.16

コールスロー、キャベツ入りオムレツ

写真: 名前分からず
記事: コールスロー、キャベツ入りオムレツ


リュウノヒゲに似た葉で、やはり珠ができるけれど、色は黒。なまえわからず。
名前分からず

名前分からず

こちら、窓の向こうは大雨。
窓の外は大雨

昨日、キャベツを大量消費しなくちゃと言ったら、みなさんが、スープにしろ、お好み焼きにしろ、ジューサーでキャベジンにしちゃえ、などとありがたい御コメント。常夜鍋なんてのもでてきましたね。初めて聞きましたが。それとコールスロー。
コールスロー
そうなんです、ちょうどコールスローは用意していました。
今日のコールスローは、
キャベツと人参の千切りとコーンを
・レモン汁  (1/2個分)
・サラダ油  大匙1
・マヨネーズ 大匙2
・はちみつ  小匙2 
・塩      小匙1/2   で和えました。
キャベツ入りオムレツ
朝はオムレツにキャベツを入れました。

千切りキャベツは塩を振りラップして、チン。
ベーコンorハムを加えて、もう一度、チン。
これを卵と合わせて焼くだけ。

意外にキャベツがたっぷり入るんです、このオムレツ。

隣は雨
雨のおかげで涼しい。(^~^)

Posted at 20:47 | 08_Others | COM(12) | TB(0) |
2008.07.15

ムラサキカタバミ、 キャベツとひき肉の重ねスープ

写真: 紫カタバミ
記事: 豚肉とキャベツのスープ


ムラサキカタバミ


冷蔵庫にキャベツが丸ごとある。どうしましょと思っているところへ、丸ごとキャベツをもらっちゃった。
どうやってたくさん消費しましょう。何かいい方法あったらどなたか教えてくださいませ。

ちょうど冷蔵庫で豚挽肉が、早く使ってくれぇと言っているので、こんな感じに作ってみました。
挽肉とキャベツ


キャベツは茹でる。
(⇒茹で汁で、ジャガイモやマカロニを茹でてサラダを。⇒まだ捨てない)
挽肉・玉ねぎ・セロリ・ニンニクはみじん切りにして、塩コショウ・ナツメグし、よく煉る。
これをキャベツ2枚と交互に重ね、タコ糸で簡単に縛る。
これを茹で汁に戻し、コンソメ、セロリの葉を入れてしばらく煮る。
仕上げにトマトのみじんをちらほら。

ソフトフランスのブドウパン

最近、甘いものどころかパンすらも作る気にならない。久しぶりに焼いたソフトフランス。
2次発酵を済ませてから、ハサミでチョンチョンと切って、高温で焼きました。



Posted at 19:48 | 08_Others | COM(12) | TB(0) |
2008.07.14

水引草、コンデジ用マクロレンズ

写真: 水引草
記事: コンデジ用マクロレンズ


ミズヒキソウ。
とても小さな花で、ピントを合わせるのが難しい。
ミズヒキソウ

私のカメラは、Olympusμ780。 去年秋に買ったコンパクトデジタルカメラだ。
軽くて小さくて、バッグに入るのがうれしいが、小さすぎて構えにくい。つまり激しくブレる。
特にマクロ写真を撮ることの多い私にとって、マクロがぶれたら使い物にならない。

写真に詳しい義姉が、「一眼レフにしなさい」と勧めてくれている。(よ。Heroちゃん。)
「それに背景をぼかすにはマクロレンズじゃなきゃダメよ」 (って。聞いてる? Heroちゃん。)

一眼レフが欲しいようにも思うけれど、私に使いこなせるかどうか自信がない。
写真もいつまで続けるかわからないし、と買う決心がつかない。
 
が、ついに見つけたのだ、コンデジ用のマクロレンズ。
コンバージョンレンズ
コンバージョンレンズ  (トダ精巧) 
約5,000円。(楽天で購入)

2枚レンズがあって、両方使うと広角になり、
1枚にするとマクロになる。
磁石なので、簡単に自分のカメラに取り付けられる。
(簡単に落ちるけれど。^0^)




と言うわけで、このマクロレンズを使って撮ったのがこれらの写真。
ボケるのはうれしいけれど、焦点の合う範囲が極めて小さく、ピントも合わせにくいのが難点。
ミズヒキソウ


ちなみにコンバージョンレンズを使わずに本来のコンデジのマクロ機能だけで撮ったのが、これ↓
やはりボケ方が違う。
ミズヒキソウ


このナンチャッテマクロレンズ、満足なマクロレンズとは言えないが、とりあえずは使えそう。
コンデジでマクロのボケが欲しい人にはお勧めかもです。


Posted at 20:38 | 08_Others | COM(7) | TB(0) |
2008.07.13

ムラサキツユクサ と 放射線

写真: 紫露草
記事: ムラサキツユクサと放射線照射による突然変異


昨日に続いて今日もツユクサ。と言っても、ムラサキツユクサ。
ムラサキツユクサ


ムラサキツユクサを調べていたら、なんと原子力研究所が出てきた。
ムラサキツユクサの染色体は、放射線の照射により突然変異を起こしやすいそうで、放射線生物学の研究に役立っているそうだ。
ムラサキツユクサ



最も低い線量領域まで放射線照射と突然変異発生の比例関係を確かめた実験の一つに、京大[引用者注:当時]の市川定夫博士のムラサキツユクサの実験結果がある。この植物は、花のおしべの発達中に放射線を照射されると、おしべの毛の色のちがったものがあらわれる。これはおしべをつくっている体細胞の突然変異によるもので、観察が容易なので放射線生物学の研究材料としてよく用いられている。市川博士の研究では青色からピンク色への変異の発生が調べられているが、その結果から一レム以下の低線量の領域まで比例関係の成立を見ることができる。

引用はこちら

ムラサキツユクサ

原子力発電所の近隣にこの花を植えて突然変異の様子を調べて、汚染をチェックするという方法もあるらしい。
アルプの里
アルプの里にて。(新潟県南魚沼郡湯沢町)

Posted at 21:28 | 08_Others | COM(8) | TB(0) |
2008.07.12

つゆくさ、 昆虫の複眼

写真: ツユクサ
記事: 昆虫の複眼


子供のころから見慣れているツユクサ。
ツユクサ



今日は目の写真を3つ用意しました。
いずれも元の写真を切り抜いたものです。
何の目かわかりますか?

ナスムシ

ムシ1 
なかなかかわいい目をしているでしょ。
お目め、ウルウルしています。(Hero撮影)

ヒント:油で揚げてよし、漬物にしてもよし。


無花果の木で
ムシ2 (クリックで拡大)
ヒント:無花果の木にいました。

← ぜひ拡大して見てください。複眼が見えます。


無花果の木で2

ムシ3 (クリックで拡大)
これもやはり無花果の木にいた虫です。
こちらは食べたことないので、おいしいかどうかはわかりません。




答えは次のページで。


----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 19:17 | 08_Others | COM(8) | TB(0) |
2008.07.11

シシトウ、ピーマン、滴

写真と記事: シシトウの花、ピーマンの花

はて、何の写真でしょう?
drop


こちら、シシトウの花。
シシトウ


で、こっちはピーマンの花。
ピーマン


どう違うのさ、って・・・、知りませ~ん。
ちなみに開きかけのピーマンの花(以前の写真)は、とってもピーマンぽいのですけどね。

これはどっちだ?  ピーマン or シシトウ?
ピーマン
これは、ピーマン。

じゃ、これは?
シシトウ
シシトウ。
花びらが反り返っているのは、ししとうだからと言うわけではないと思います。
成長の問題でしょう。めしべとおしべが伸びてきて、
「見て見て見てー。ワタシきれいよー。」と言っているところみたい。(^~^)


ピーマンと滴

ところで、1枚目の写真、わかりましたか? 実は、この↑写真の滴部分を切り取って拡大し、逆さにしたものです。Heroのトウモロコシ畑が映っています。


Posted at 22:26 | 08_Others | COM(4) | TB(0) |
2008.07.10

ペンタス 黒糖パン

写真: ペンタス
記事: 黒糖パン


ペンタス。
ペンタス

アメリカ国防省と同じ5角形から名前がついたらしい。

ペンタス

ペンタス

ペンタス




黒糖パン。
黒糖パン

黒糖シート(レシピ byみんりんさん)を使って、巻きこんだパン。

黒糖パン

黒糖シートは、黒糖と卵白を加熱して作ります。
他にも卵白を使ってチョコシートなどができることを覚えました。
明日は何のパン作ろう。シートを使ってみたいけれど、最近甘いものはあまり食べなくなってしまったし。


Posted at 21:17 | 08_Others | COM(4) | TB(0) |
2008.07.10

ナンテン 鈴蘭の木

写真: ナンテン、スズランノキ

冬になると赤い実をつける、あの南天の花。
ナンテン


こちらはスズランノキという木。
スズランノキ
 
葉は世界三大紅葉の一つと言われるそうですが、(あと二つはニシシギ、ニッサ。)

スズランノキ

気の早い葉が1枚、秋を待たずに真っ赤に染まっていました。



Posted at 21:05 | 08_Others | COM(4) | TB(0) |
2008.07.09

きゅうりのキューちゃん風、 ホオズキ

写真: 酸漿・鬼灯(ホオズキ、ホウズキ、ヌカヅキ、カガチ、アカガチ)
記事: パリパリ胡瓜


浅草では今日明日、ほおずき市だそうで。
ホオズキ

実家の庭のほおずきが赤くなっていました。
お婆ちゃんが孫にせがんで去年買ってきてもらったものです。

ホオズキ

子供のころ、母がホオズキの実をもんで、楊枝で種を出し、口の中に入れ、
ギュインギュインと遊ぶんでみせたものです。     (注)まだ健在でございます。(笑)
私は草笛は鳴らすのは好きだけれど、ホオズキはどうも好きじゃなかったですね。

ホオズキ

1枚目の白い花はホウズキの花です。ほおずきにしておくのがもったいないくらい(?)きれいでしょ。

きゅうりのキューちゃん風漬物です。
きゅうりのキューちゃん風

コリコリのパリパリに仕上がるので、胡瓜がたくさん手に入ったときはぜひ作ってみてください。
手順は、丸ごとのきゅうりを茹でて、切ってから漬け置きます。
3日目くらいから美味しくなり、1,2週間日持ちします。

【用意するもの】

● きゅうり  約1kg (丸ごと茹でるので、できれば鍋に入る長さのもの。)
● 漬け汁
  ・醤油    150cc (私は醤油100、麺つゆ50)
  ・みりん   50cc
  ・酢      50cc
  ・砂糖    大匙2
  ・鷹の爪   適宜
  ・しょうが   適宜
● 水の漏らないしっかりしたビニール袋があるとよいでしょう。


1 大鍋に湯をたっぷり沸かし、きゅうり(丸ごと)を1分間茹でて(蓋はしない)
  火を止め、、そのまま冷ます。
2 冷めたら、水気をよく切って、小口に切る。(水分を吸って太るので、小さめに刻むとよい。)
3 大きめの鍋で漬け汁を用意します。(しょうゆ・みりん・酢・砂糖・鷹の爪)  
4 漬け汁を沸騰させ、切った胡瓜を投入し、
   生姜 (適宜)も加え、1分したら火を消し、漬け汁を絡ませそのまま冷ます。(蓋はしない)
  冷めたら容器に入れ冷蔵庫で保存。

※ 鍋に入らない場合は、半分に切っても構いませんが、
  丸ごと茹でる方が、パリパリに仕上がります。
※ 熱が取れたら、水漏れをしないしっかりしたビニール袋で保存することをお勧めします。
  漬け汁が全体にまわるで、よく漬かります。(口は冷めてから閉じます。)
※ 胡瓜が終わったあとの漬け汁で、セロリを漬けるとこれまたさっぱり美味しいです。胡瓜の漬物






Posted at 19:56 | 08_Others | COM(17) | TB(1) |
2008.07.08

ノウゼンカズラ

写真: 凌霄花(のうぜんかずら)

夏の強い朝日を避けるために 東の窓にノウゼンカズラを植えたのが数年前。
期待を裏切ることなく、ツルは伸び、葉は生い茂り、オレンジ色のその花は年々その数を増やしている。

ノウゼンカズラ

強いオレンジのその花は、咲いたかと思うとすぐにぼとっ、ぼとっと地に落ちていく。実に潔い。

ノウゼンカズラ


かつて、よしずを立てかけて日差しを遮ろうとしたが、それは風をも同時に遮るため、
暑さはかえって倍増したかもしれない。

この天然ヨシズの涼しいこと。隣の家からの視界も遮ってくれて、言うことなしにありがたい。

ノウゼンカズラ

P.S. 塀を超えて伸びようとする枝を切り、ボトボトと落ちる花を毎朝片づけてくれるHeroさまもありがたや、ありがたや。


おまけ・・・
トカゲ

ピントばっちりでした。
もっとアップで見たい? 
・・・・・----------《 続きを読む 》 ----------

Posted at 20:28 | 08_Others | COM(8) | TB(0) |
2008.07.07

蜘蛛と雨粒 

写真: 蜘蛛の巣と水玉

蜘蛛の巣と雨粒


蜘蛛の巣と雨粒

踊っているような水玉がかわいくて覗きこんでいると、
蜘蛛の巣と雨粒


蜘蛛と滴


蜘蛛の巣と雨粒


主が姿を現した。「お、雨が上がったのかい?」
蜘蛛の巣と雨粒


昨日の植物は「オトギリソウ」だそうです。
追記しました。

Heroがとなりで、「オトギリソウ」ってドラクエか何かであったよねー。
おお~、そういえばそんなのがあったかもしれない。
息子が幼稚園のころ、おたふくかぜの熱でフーフー言っている時に このゲームをプレゼントしましたっけ。でも初めてのゲームでやり方がわからず、息子も夫もそっぽ向いてしまって。
仕方なく私が本を見ながらやり始めたら、息子と夫が興味を持ち始め、その後7年間、息子のおもちゃになったのでした。(夫は7年じゃ済まなかったけれど。)

Posted at 21:57 | 08_Others | COM(7) | TB(0) |
2008.07.06

弟切草  / ガスパチョ 

写真: 名前分からず 弟切草
記事: ガスパチョ(トマトの冷製スープ)


わからない


わからない


わからない


暑い一日でした。こんな日は皆さんビールをグィ~っとなのでしょうね。
朝から庭仕事をしていたHeroもシャワーの後は、グィ~っと
ウーロン茶です。
ガスパチョ

今日は今年初めてのガスパチョを作りました。
去年スペインに行って、私はこればかりグィ~っ。
トマト好きじゃなかったのですが、スペイン以来大好きになりました。

ちなみにこんな感じで作りました。
【今日のガスパチョ】

・トマト     大3個
・シシトウ   大1個
・玉ねぎ    1/8個   
・きゅうり     1本  (と思ったら今日は無なかった。><)  
・ニンニク    1かけ                をマルチブレンダーで ガー。

・オリーブオイル  大匙1
・レモン汁     大匙1
・酢         大匙1
・タバスコ    チャチャ
・塩        ササッ
・水        200cc      
・氷        ゴロゴロ               を加えてもう一回ガー。

暑くてだれていたのが生き返ります。
今度トマトの安売り見つけたら箱ごと買ってこよっ。



この植物の名前がわからずにいたところ、早速コメント欄で、せいざんさんに
「オトギリソウ」ではないかと教えていただきました。せいざんさん、いつもありがとう 

弟切草(オトギリソウ)

名前の由来については、和漢三才図会(江戸時代の百科事典)にこのようにあるそうです。

花仙院の時代に晴頼という鷹がいました。薬草を用いて鷹の傷を治すことで有名でしたが薬草の名は秘密にして決して口外しませんでした。ある日、人のよい弟がその薬草の名を他人に漏らしてしまいました。これを知って晴頼は怒って、弟を切ってしまったのです。そして、その恋人も後を追ったという伝説があります。
そのときに庭に栽培していた薬草に弟の血潮が飛び散り、その跡が葉に残っていてオトギリソウの名がついたとされています。 (引用







Posted at 14:25 | 08_Others | COM(9) | TB(0) |
2008.07.05

キツネノボタン、 スティックパン

写真: キツネノボタン
記事: スティックパン


コンペイトウのようなかわいい狐牡丹。
キツネノボタン


最近作ったスティックパン。
鰹節とパルメザンチーズを練りこんで、お醤油味という風変わりなスティック。和風で美味しかったです。
カリカリスティック

レシピは、レシピ 鰹&チーズのスティックパン by ianoさん から。

その翌日もスティックパンを焼いた。
今度は、ベーコンと黒コショウをたっぷり練りこんだ。

そしてまたまたスティックパンを作った。でも今度は高温でしっかり焼いてカリカリに仕上げた。
カリカリスティック

今回入れたものは、大辛の唐辛子とオカカのふりかけ。

カリカリスティック


強力粉 100
フランスパン専用粉  100 (なければ強力粉)
砂糖  小1
塩    小 1/3
オリーブオイル 大1
牛l乳  130
Dイースト 小1
    (カツオ節/ ふりかけ/ ベーコン/ パルメザンチーズ など好みで。)

1 ホームベーカリー、パン生地コースで20分こね、
2 取り出してボウルに入れ、ゆったりとラップをし、冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
3 厚さ5~6mmに伸ばして、5~6mm幅に包丁を入れてスティック状にし、(写真は放射線にきったもの。)
4 220度のオヴンで15分ほど焼く。
     (薄く細切りのほうがカリカリに仕上がる。)



Posted at 20:01 | 08_Others | COM(11) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。