--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.22

  餃子

去年からずっと作りたかった餃子。やっと作りました。
初めての餃子の皮、挑戦です。皮はこちらの料理サイトを参考にしました。
このサイトでは24枚なので、1.5倍の量で36枚分を作りました。

去年の夏、娘の中国のお友達、馬(まー)さんが見事な餃子の腕前を披露してくれたので、
餃子1

私も真似をして、輪を作って、36分割に。

これがまた難しいよ、Chiblitsさん。均等には行かない。
大きいのあり小さいのあり。

馬さんは「マイ麺棒」持参で上手に皮を伸ばしていました。
これを真似たくて皮作りに挑戦したのですが、隣で、
「まだぁ?」と息子がうるさい。しゃーない、奥の手だ。
へへ、パスタマシンを使っちゃいました。
ほっほっほ、ラクチンです~。

中身は馬さんレシピの2種。

■えび・にら・卵
餃子2

玉子は炒り玉子にします。えび、にらは微塵切り。

■豚ひき・セロリ・ねぎ・キャベツ
餃子3

すべて微塵切り。(セロリは茹でてから。)
ごま油、そして山椒! を入れて、よーく混ぜます。
(野菜は塩もみも茹でることもせず、そのまま材料を練り上げます。)


餃子4


馬さんは中国人らしく水餃子でしたが、息子のリクエストで焼き餃子にしました。

焼き方は、わたし流。
フライパンに油を敷いて、餃子を並べます。(中火)
ちょっと焼いてから、少し片栗粉を入れた水を投入します。
(片栗粉が入るとぱりっと仕上がります。)
強火にしてふたをして蒸します。

水気がなくなってきたら火を弱くして、焦げ目をつけます。

今日学んだこと:
仕上げにごま油を鍋肌から流しいれる。
これまで餃子の上にごま油をかけていたのですが、ちっとも温度が上がったように思えない。
油は餃子の下に鍋肌から流しいれてあげると、熱々の餃子ができるということがやっとわかった!

これまで私が作った餃子で一番おいしくできたとお褒めをいただきました。(^^)v  
皮のレシピを頂戴したChiblitsさん、馬さん、ありがと。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/107-9572ba28
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。