--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.07

ききょう

キキョウの花は一斉に咲いてくれない。少しずつ少しずつずれて咲く。

桔梗

庭の桔梗を撮っていると、雌花と雄花があることに気がついた。
桔梗は雌雄同花ですが、自家受粉を避けるために雌雄異熟という手段を取っているのだそうです。
キキョウ


*自家受粉は、花粉の生産量が少なくても受粉の確実性が高いという利点がありますが、
有害遺伝子が生まれやすいということがあるようです。

キキョウ 雄花

キキョウの場合は雄性先熟だそうで、まず雄花が咲いて花粉を放出する。(雄花期
キキョウ 雌花

花粉を放出し終わると、おしべは枯れ、柱頭が開いて他の花からの花粉を待ち受ける。(雌花期)

キキョウ


えらいね、桔梗も。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/270-4ca952ed
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
なにげなく、見ていた桔梗・・・・。
雄花と雌花があるなんて、知りませんでした。^^;
桔梗・・・・。
奥ゆかしい、古きよき時代の女性って感じがして好きです。
今度、近くの桔梗寺にでも行ってみたくなったakkeです♪
Posted by akke at 2007.07.07 21:45 | 編集
akke、
私も初めて雌雄を知ったのだけれど、調べてみると植物の世界も子孫を残すために賢いのだなと感心しました。
人間以上に真剣だわ。
Posted by AyeYai at 2007.07.07 21:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。