--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.23

琥珀色の涙

桜の木からの樹液がおびただしい。
写真の量の何倍、何十倍もの樹液を流して桜の木が泣いている。

DSC09713.jpg


この桜の苗はサクランボを食べたくてHeroが買ってきたもの。
しかし桜の花はあまり咲かなかった。よってサクランボは実らない。
当然だろう、こんなに苦しんでいるのだもの。そういえば去年はおが屑のようなものが木のそばにたくさん落ちていた。

調べてみた。・・・・
どうやら「コスカシバ」という害虫の仕業らしい。木の幹に穴を開けて食い進むのだそうだ。その時におがくずのようなものが木のまわりに落ちる。
殺虫剤を注入する必要があるらしい。

害虫を見たい人はこちらで見られます。AyeYaiは見たくありません。(><)
[サクラ属樹木の害虫](北海道立林業試験場)

桜の木の病気の原因がわかった。処置方法も判った。Heroはなんて言うだろう。
彼はいつでも、「いいや、ほっとけば。」という。
なんに関しても、だ。
庭の果物に虫が食いついても、「ま、いいや。虫も楽しんでるんだから。」

自分や家族が病気の時も、「ほっとけばいい。治癒力に任せる。」
子供たちが風邪をひいた時だって、「ま、いいや。そのうち治る。」と言って薬を飲ませようとしない。
Heroの目を盗んでは薬を飲ませたものだ。

今回もHeroは消毒をする気はないらしい。
「ま、いいや。桜の治癒力に任せる。そのうち琥珀になるよ。」

ならね、っつの!!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/325-a78e2964
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
食いしん坊な私には、樹液が美味しそうに見えちゃう。
桜の木って虫がつきやすいんですよね。
またコッソリ消毒しちゃいます??
Posted by はる at 2007.08.23 21:47 | 編集
桜の木はデリケートなのね。
よく、桜は切っては駄目って言いますものね。
ある会社で、桜の枝が伸びてしまい剪定を注文されたのですが、殺菌&消毒薬を塗っても枯れてきてしまいました。
AyeYaiガーデンの桜ちゃん。
消毒だけは、してあげたいですね~。こっそり^m^
Posted by akke at 2007.08.23 21:55 | 編集
はるちゃん、
akkeちん、

いいえ、私はやりまへん。Heroの木だからわたしは知~らないっと。
私は小さな草花と緑のものが好きなです。花もいいけど葉っぱが好き。
Heroは果物。
最近は私は草むしりをしなくなったので、文句をいう権利なし。そのかわり手もださないんです。
Posted by AyeYai at 2007.08.23 22:04 | 編集
私んチの桜の木も殆ど消毒をしないので虫がいるみたいだけど、今現在葉っぱが青々としてユサユサしているのでいいとしてます。ただ冬に石灰硫黄剤をバラに塗る時、ついでに桜の木に塗ったりはしています。それにしてもすごい樹液ですね。涙のよう。虫との共存共栄はありえるのか。。。う~ん。
Posted by みんとと at 2007.08.24 00:55 | 編集
みんととさん、
みんととさんちは確かサクランボが採れるんですよね。いいな~。
そうそう先日食欲のない時にみんととさんちに行ったらのっけもりのそうめんがあったので、これだ!と作る気になりました。でもうどん用の粉でそうめんを使ってしまってうまくいきませんでした。(><)
Posted by AyeYai at 2007.08.24 15:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。