--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.26

花火

地元で花火大会があったので、三脚を持って行ってきました。

花火

露出4秒、ISO250、焦点距離16mm、絞り3.44、絞り値f/4.5

テンプレートも花火用に黒にしてみました。

花火778

露出3.2秒、ISO100、焦点距離32mm、絞り3.44、絞り値f/5
↑ 
ほとんどカメラ任せなので、この数値が何を表わすかよくわかってない撮影者であります。

花火784

露出1/5秒、ISO100、焦点距離32mm、絞り3.44、絞り値f/5

花火819

露出4秒、ISO250、焦点距離14mm、絞り3.44、絞り値f/4.4
ちょうど真ん前に親子(?)が陣取ってしまったので、モデルに起用。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/339-3eb1f2cf
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
AyeYaiさん
も~ビックリの写真です。とってもGoodですね。
このテンプレにもマッチしてます。夏の終わりを感じさせる色合いと構図です。
v-218
Posted by Rickey at 2007.08.26 01:42 | 編集
AyeYaiさん、さっすが~!
花火に合わせてテンプレート変えちゃうなんて♪
花火が引き立って、素敵です~^^
写真も、とっても良く撮れていますね。
なかなかこう上手くは撮れませんよね~
Posted by はる at 2007.08.26 06:11 | 編集
ほんと、いい感じに撮れてますねぇ。
アートしてます。

素敵素敵!!


Posted by 景子 at 2007.08.26 10:19 | 編集
Rickey,
1枚目の写真が気に入っているんですけれど、ほんとはこれ、トリミングしてあるんです。全体の構図が私の好みなんですが、失敗で・・。この失敗は勉強になりました。

はるちゃん、
庭の花だったら、撮ってはPCで確認、というふうにできるのだけれど、花火はそれができないので撮りまくりました。

景子さん、
花火は三脚が必要だそうなので、買おうと思ったら父のお古があるのを思い出したんです。これがなかったら花火はただのお化けだったわ。
景子さんも三脚買ったのでしょ。行ってらっしゃいまし、花火に。
Posted by AyeYai at 2007.08.26 13:54 | 編集
AyeYaiさん。花火の写真綺麗に撮れましたね。羨ましいです。
それからカーエアコンの件ですが、私も軽を運転してた時はまるで力が無くなるので、信号待ちの時だけ使っていました。今は車も使わず脚か自転車です。
Posted by せいざん at 2007.08.26 15:52 | 編集
せいざんさん、
普段の写真とは撮り方が全く違うということを学びました。これでもっと夢中になると一眼レフが欲しくなるんでしょうね。そうなると、あっちこっち歩き回って写真を撮りたくなるのでしょう。
でもその前に足を鍛えなきゃ。私、車の生活なので足が弱くてだめです。
Posted by AyeYai at 2007.08.26 16:03 | 編集
すっご~い♪ステキ×100!!!
AyeYai姉さまの写真はいろんな撮るものを数段生き生きさせてますなー。一瞬で消えてしまう花火もAyeYai姉さまにかかればこんなに美しく、永久にそのまま♪
携帯の待受にしたいわ~v-343
夏の終わりをつげる花火といきたいですが、まだまだ夏は終わりそうになさそうだにん。
Posted by akke at 2007.08.26 22:12 | 編集
akke、
そうなの? 数段美しく生き生きと? んじゃぁ今度、akkeを撮らなきゃね。(^0^)
Posted by AyeYai at 2007.08.27 07:42 | 編集
それなりにうちゅくしく撮っていただけるのでしょうか。
akkeの写真、待受にする? ̄m ̄ププッ
魔除けになること間違いなし(^o^)v
Posted by akke at 2007.08.27 22:28 | 編集
akke,
携帯の待ち受けに? そりゃいいかも~。
ぜひakke魔除けを~、と言いたいところだけれど、AyeYai、ケイタイ持ってないのだった・・・。
Posted by AyeYai at 2007.08.27 22:31 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2007.08.28 01:18 | 編集
がんばりやさん、
まだまだ暑いとはいえ、秋の声も確実に聞こえています。
暑さで体力が落ちたままですが、がんばりやさんは大丈夫ですか。
無花果は子供のころ、木からもいで皮も剥かずに割ってそのままかじりついていました。
今は冷蔵庫で冷やし、皮を剥いて切ったものを食べます。これを初めてしたとき美味しくて、あらためて無花果というものを見直したものです。
がんばりやさん、あの無花果の葉っぱのざらざら感、肌に触れた時の痒み、乳白色の汁、思い出されます?
Posted by AyeYai at 2007.08.28 14:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。