--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.26

今年最後のカマキリ

庭のマリーゴールドに
marigold

カマキリ発見。

もう寒くなってきたので、この子たちにはこの気温はそろそろ限界かな。

DSC00512.jpg

カマキリの写真はすでに2回ほどアップしたけれど、
かわいらしくてついついカメラを持ち出す。

花そっちのけでカマキリを撮っていると、
何を思ってか、こっちへ向かってくる。


DSC00509.jpg
そんなにカメラに近寄っては撮れないよ・・。

私が遠ざかっても遠ざかっても、
ずんずんとこっちへ向かって来る。

何を言おうとしているのだろう。

怒ってるの? 
お友達になろうとしてるの?






kamakiri

カメラを超えてまだこっちへ向かってくる。
最後の記念撮影。

DSC00496.jpg

DSC00498.jpg

DSC00499.jpg

DSC00501.jpg
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/415-8584beb3
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
随分アップでぼけませんね。触角片方切れてるの迄判ります。秋のカマキリはどこか寂しさを感じます。
Posted by せいざん at 2007.10.26 15:38 | 編集
このカマキリ、撮影されてるの喜んでるみたいですね。
なんか表情みたいのありますね。何を考えてるんでしょうね?
かみさんが、カマキリが大好きなので帰ったらこの記事教えます。
飼いたくてしょうがないらしい・・・男の子みたいなんですよ・・・
Posted by NOB at 2007.10.26 17:55 | 編集
カマキリ・・・めちゃカメラ目線やなぁ(・・;)怖わ~~~~(・・;)
姐さんがよっぽど気に入ったんやろうか(^。^)
Posted by ちびばす at 2007.10.26 18:40 | 編集

せいざんさん、
このあと2日間、同じ花にこのカマキリはじっとしていました。
温かい家の中につれて行こうか迷ったのですが、自然のままにしました。
3日目は姿はありませんでした。これでよかったという気持ちと、家に入れたかったという気持ちと・・・、
アハ、たかがカマキリですが、生物です、われわれと同じ。

NOBさん、
NOBさんの奥様、とってもかわいらしい方ですね。食事のときの様子も、キノコに夢中になったり、また野菜を育てたり、お菓子を作ったり、あらゆる動作が女らしくそしてかわいらしい印象があります。
そうか! そんな愛らしい奥様のためにおいしいお料理を作ってらっしゃるんですね!

ちびばっちゃん、
カメラ目線ですやろ? そやさかいついつい写真撮ってしまいますねん。
Posted by AyeYai at 2007.10.26 18:52 | 編集
なんとまぁ、人懐っこいカマキリだこと。
お澄まししたり上目遣いになったり不敵な笑みを浮かべてみたり。
AyeYaiさん、ナイッス!!
Posted by はる at 2007.10.26 21:04 | 編集
はるちゃん、
ThanUっ。
Posted by AyeYai at 2007.10.26 21:07 | 編集
AyeYaiさん
カマキリの長い影が秋をものがったっていますね。
いい写真だね。。 これから何処に行くんでしょうかね。 
こんど会ったら聞いておいてください。
Posted by Rickey at 2007.10.26 21:10 | 編集
Rickey,
わー、さすがRickeyさん。見るところが違いますね。
あれから毎朝あの子を探すのですが、見つかりません。
だれかに食べられちゃったのでしょうか・・・。
Posted by AyeYai at 2007.10.26 21:13 | 編集
とてもきれいな写真がたくさんありますね~^^

カマキリ・・私はどうも小さい頃から苦手昆虫のひとつです。
ゴキ、クモに続いて・・・
お庭にはたくさんお花が植えてあるんでしょうか^^
マリーゴールド、いい色ですi-228
こちらにもリンクさせていただきますね^^
今後ともよろしくお願いいたしまーす^^
Posted by hiro_mei at 2007.10.27 13:42 | 編集
マリーゴールドの花びらって、ビロードみたい。
姉さま、カマ子ちゃんはきっとモデル志望なのでしょ~^m^
『おお!このキャメラマンなら、私の最高の一枚を撮ってくれるに違いない』と・・・・・・・。(妄想)

カマ子ちゃん、イケてるぅぅぅ~~~v-22
Posted by akke at 2007.10.27 14:46 | 編集
hiro_meiさん、
あっ、いらっしゃいまし~。さっそく大切な絵を盗ませていただきました。(^0^)
カマキリだめですか? でもよく見ると愛嬌があるのよ。
けど、ゴの字は私もダメ。出くわそうものなら家じゅう私の悲鳴が鳴り響きます。
Posted by AyeYai at 2007.10.27 15:03 | 編集
akke、
やっぱそうなのかしんね? 写真撮って欲しかったんかしん。
でもあまりにもズンズンこっちに向かってくるのでちょっと怖かった。
そう、子供の頃、カマキリは怖かったもの・・・。
Posted by AyeYai at 2007.10.27 15:04 | 編集
コメントを記入してください
ハラビロカマキリですね。自分もあるハラビロとなかよくしてました。散歩の度に、2ヶ月以上の間、同じような場所でまっててくれてました。最初の一月は同じカマキリとは思ってなかったのですが・・・。カマキリといってもたいていのカマキリはあわててにげようとします。にげれないとなると威嚇ポーズをとります。しかしそのカマキリは違ってました。最初からにげようともせずに手の平の上でくつろいでいました。いつもしばらく一緒に連れて歩いて会った近くで離してました。何日か姿を見せないときもあったりしましが、やはり同じような場所にいたりしました。
 11月後半の寒い時期には元気のない様子でしたが、やはり同じような場所にいました。ある日、その場所の物陰に固まるようにじっとしてました。ちょっと触っても反応がなかったので、その日はそのままにして帰りました。次の日行ってみると、死んでるような様子だったので、あわてて手に取って暖めてみるとヨワヨワしく動きだしました。迷った末、家に連れ帰りました。
 その後は長いので、簡単にいうと、彼女は翌年1月12日まで生きました。その間とても仲良くできて楽しくすごせました。何を食べさせるか悩みましたが・・・。ただカマキリは生きたエサしか食べないということなので生きた虫をつかまえて目の前に差し出しましたが、結局見向きもしませんでした。昔からなんとなくカマキリが好きでしたが、友達のようになれるとは夢にもおもいませんでした。彼女の顔はいつもニコニコ笑っているいるように見えました。すこしずつ体がボロボロになって自力で歩けなくなってもニコニコ楽しそうな様子でした。死んだ時はこれほど悲しかったことはないくらいでした。屍は家の庭の木の下にうめました。
 後日そのカマキリと出会った場所にいって木の枝など見て周り、カマキリの卵をいくつかみつけました。彼女は卵を産まずに終わった様子でしたが、ハラビロの卵もありました。
 写真のカマキリはそのカマキリによく似てます。ほんとに虫か?と何度も思ったものです。
Posted by hiroshi at 2008.03.23 12:47 | 編集
hiroshiさん

読んでいて感動しました。
私は子供のころはカマキリは「拝んでいる」というイメージを植え付けられ、怖かったのですが、今はかわいいと思っています。あのしぐさ、首をヒュン、ヒュンと動かすところなんてかわいいですよね。こちらの話がわかるのではないかと思わせるような目も、何か不思議なものを持っていますよね。
虫であれ、先に死んでいくものを認めるということはつらいですね。
こうしてコメントをいただき、写真をアップしてよかった、と感じます。ありがとうございました。
Posted by AyeYai at 2008.03.23 19:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。