--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.28

Witches' Loaves -1- O.Henry 『魔女のパン』

『魔女のパン』 ①       By オー・ヘンリー


Miss Martha Meacham kept the little bakery on the corner (the one where you go up three steps, and the bell tinkles when you open the door).
Miss Martha was forty, her bank-book showed a credit of two thousand dollars, and she possessed two false teeth and a sympathetic heart. Many people have married whose chances to do so were much inferior to Miss Martha's.

●●
Two or three times a week a customer came in in whom she began to take an interest. He was a middle-aged man, wearing spectacles and a brown beard trimmed to a careful point.
He spoke English with a strong German accent. His clothes were* worn and darned in places, and wrinkled and baggy in others. But he looked neat, and had very good manners.
He always bought two loaves of stale bread. Fresh bread was five cents a loaf. Stale ones were two for five. Never did he call for anything but stale bread.
s-P1274239.jpg


*loaf of:ひと塊の
*worn :擦り切れた
*stale: (パンが)硬くなった、新鮮でない、干からびた


ミス・マーサ・ミーチャムは街角で小さなパン屋を営んでいた。(階段を三段上がってドアを開けると、ベルがチリンと鳴る店だ。)
ミス・マーサは40歳、銀行の通帳には2000ドルの預金があり、2本の差し歯と同情心を、持ち合わせた女だ。ミス・マーサのそれに遥かに劣る人たちだって結婚している人はいくらだっている。
●●
彼女は、週に2,3回やってくる客に興味を持ち始めるようになった。眼鏡をかけ、茶色のあご髭をきっちり尖らせた中年の男である。
強いドイツ語なまりで話す男で、服はあちこちが擦り切れ、しわだらけでだぶついている。しかし小奇麗で礼儀正しい男のようだ。
彼はいつも2切れの硬くなったパンを買いにきた。焼きたてのパンは一切5セント、古いほうのは5セントで2切買える。硬いパン以外には何も買わなかった。

Thanks. I love you!!  /AyeYai


Thank you for coming and reading my English.
(たぶん誰も読んでいないと思うけれど。爆)

今日からしばらく O.Henry (オー・ヘンリー)の作品に取り組みます。
まずはその中から『魔女のパン』

和訳は、全体の意味を理解した上でのAyeYai流の意訳ということにさせていただきます。
まあ早い話、わからないところはテキトーにごまかすということです。
ここへ来て英語のお勉強をしようという方は、危険ですので、じゅうぶんお気を付けくださいませ。(^~^;)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/520-811f2efc
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
読んでるよ~~
Miss Marthaが私とタメだという事は、和訳見なくても解りました~!
ヾ(@^▽^@)ノわはは
Posted by はる at 2008.01.28 21:46 | 編集
ミス・マーサ!私もタメよぉ~♪
硬いパンなら、負けないわよ~~~~♪
>眼鏡をかけ、茶色のあご髭をきっちり尖らせた中年の男である。
あれ~???どこかで見たことのある中年男であるにん。^m^
そっかー、R氏は硬いパンがいいのね~。
買ってくださらないかしら。1切れ5セントで。
『こら!akke、そんなもんいるかー!』とまた怒られそう^m^
Posted by akke at 2008.01.28 22:18 | 編集
AyeYaiさん
すごい写真。私には絶対に撮れないね。 すんばらしい!
これ葱坊主みたい。

眼鏡をかけ、白いあご髭をきっちり尖らせた白髪の男。
強い九州弁で話す男で、服はあちこちが擦り切れ、しわだらけでだぶついている・・・。
彼も上州産のクッキーを心から愛し所望していた。
これも魔女のクッキーと言われていた。

ははははは もうなるようになれ~です。
Posted by 狸ッキ~~~ at 2008.01.28 22:27 | 編集
■ はるちゃん、
        ・・・・「ため」がわからない・・・・><
  読んでるの? 偉いなあ、はるちゃん。
  私も、この努力を学校行ってる頃やってたら賢いこになったのにね・・・。
 
■ akke、
  akkeまで、「ため」使ってる。ううう、わからない。調べてるけれど、わからない。
  ああ、無知がばれるでないの・・・。

■ 狸親父ッキ~~~さん、
  これはこれは初めまして、狸さん。
  あちらのハーレムにも髭をしっかり切りそろえた御仁がいましたね。
  今バリア張って逃走中のようですが。

あっ、今Heroが調べてくれた。「ため」とは賭けごとでゾロ目のことなんですって?
じゃ、二人とも40か! なぁんだ二人とも20代じゃないのね・・・!
Posted by AyeYai at 2008.01.28 23:13 | 編集
しっかり読んでますとも
私も意訳が得意中の得意です(笑)

コンデジでこれだけの写真が撮れるんだから
一眼もたせたらどんだけ素晴らしい写真をとるのか
楽しみでもあり怖くもありですね





Posted by 景子 at 2008.01.28 23:28 | 編集
■ 景子さん、
  あら読んでくださってますか? 景子さんの場合は、和訳はパスしてください。
  私も、夫と話をするときはバリバリの意訳です。
  
  そうそう、景子さん、私も最近ブログ村のランキングに参加してから知ったのですが、
  景子さん、ダントツトップなのですね! すごいわ。
  昨年、秋頃だったかしら、だんだん花が少なくなり、話題を心配されていましたが、
  そんなのまったく心配ありませんね。毎日の記事、すばらしいですよ。
Posted by AyeYai at 2008.01.28 23:38 | 編集
タメってゾロ目って意味もあるみたいだけど、私たちは同じ年って意味で使ってるの~
私もちょっと気になって調べてみたら、何と静岡地方の方言みたい。(タメ=同じ年)
でもこの辺りでもタメって言うんだけど~
静岡と宮崎、どこかで繋がってたか!?
Posted by はる at 2008.01.29 00:00 | 編集
■ はるちゃん、
  わざわざありがとう。以前テレビを見ていた時代に 
  若者用語で聞いたことがあるようなきがします。
  でも今はテレビは見ていないので、世の中のこと分からないのです。
Posted by AyeYai at 2008.01.29 00:06 | 編集
はるちゃん

昔、日向の港から船出した漁船は黒潮に乗ってどんどん流された。
そんな漁民の多くが流れ着いたところが、高知、静岡、千葉だったそうで、未だに
言葉や文化風習が似ています。これは現地で調べたので間違いないと思うニン。

ひとんちでレスしてます。

AyeYaiさん  すんません。
Posted by 狸で~す at 2008.01.29 00:13 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.01.29 09:11 | 編集
■ 狸く~ん、
  どーぞどーぞ、ご自由にひとんちでレスってってください。('~`)


■ 初コメの V さん、
嬉しいコメントをありがとうございます。

楽しいブログ生活を毎日送っていた去年、暮れでブログを辞めた理由はいくもあります。
英語に触れる時間が欲しいということが一番の理由ですが、ほかに料理のこともあります。
料理にちっとも興味のない私がキッチンに立つ時間が長くなったのは、すべてブログを始めてからです。技術も知識もない私はすべてネットや本のレシピで作ったものを写真にしてきました。つまりは写真のための料理です。
料理写真を投稿することが多くなり、料理のできる人間だといううれしい誤解をしていただくようになり、罪悪感を感じておりました。
さて、ブログをやめて、今年から英語の勉強をやろう!と思ったのですが、自分一人ではどうしても怠けてしまう。だれかに監視していてもらわないと、がんばれないのです。
そこで、英語ブログを始め(Blogger)、結局「more」機能が欲しくて、ここFC2に戻ってきました。
こうして投稿するということは、料理同様英語の力のないことをさらけ出すということですから、非常に恥ずかしいです。
が、「学習者」ということで許していただこうと思っています。
アドヴァイス、よろしくお願いしますね。


あ~、いっぱい書いちゃった。今日の掲載分はこれでいいかな。(笑)

Posted by AyeYai at 2008.01.29 09:39 | 編集
堅いパン以外にナニも買わなかった ・・ 此処までヮ 読めました
面白い映画になりそう ・・・ 次ヮ何処ですかぁ ・・・
ワタシも読んで いいの・・?
Posted by 台所のキフジン at 2008.01.29 18:41 | 編集
■ 台所のキフジンさん、
  えらいですね。
  英文は原文をそのまま載せていますが、和文は私の稚拙な日本語です。
  できれば私のへたっぴな日本語を読まずに原文だけで行きましょう。
Posted by AyeYai at 2008.01.29 23:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。