--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.03

Witches' Loaves  -7-  『魔女のパン』

『魔女のパン』 ⑦       By オー・ヘンリー


When he had gone, after an unusually pleasant little chat, Miss Martha smiled to herself, but not without a slight fluttering of the heart.
Had she been too *bold? Would he take offense? But surely not. There was no language of edibles. Butter was no emblem of unmaidenly *forwardness.
●●
For a long time that day her mind dwelt on the subject. She imagined the scene when he should discover her little *deception.
He would lay down his brushes and palette. There would stand his easel with the picture he was painting in which the perspective was *beyond criticism.
He would prepare for his luncheon of dry bread and water. He would slice into a loaf—ah!
Miss Martha blushed. Would he think of the hand that placed it there as he ate? Would he—
●●
The front door bell jangled *viciously. Somebody was coming in, making a great deal of noise.
Miss Martha hurried to the front. Two men were there. One was a young man smoking a pipe—a man she had never seen before. The other was her artist.

とら豆


*bold:度胸の言い、あつかましい、不作法な
*forwardness:積極性、熱心、でしゃばり
*deception:だますこと、ごまかし
*beyond criticism:非の打ちどころのない
*vicious:悪意のあ、敵意のある、ひどい、はげしい、




いつになく楽しいおしゃべりを済ませて彼が帰ると、ミス・マーサは多少心臓を躍らせて顔をほころばせた。
厚かましかっただろうか、彼は不愉快に思うだろうか。いや、そんなことはない。ごちそうに言葉なんていらない、バターは中年女のずうずうしさの象徴なんかじゃあないわ。
●●
その日はずっとそのことを思っていた。彼が彼女のささやかないたずらを発見する瞬間を空想していた。
彼は絵筆とパレットを下ろすの。イーゼル(画架)には非の打ちどころのない遠近法で描かれた絵が置かれているのよ。
彼はパサパサのパンと水で昼食の用意をしようとする。パンを切ろうとすると、あ~!
ミス・マーサは顔を赤らめた。パンをかじりながらそれを挟んだ手の事を考えるかしらん。彼はーーー。
●●●
玄関のドアベルが荒々しく鳴った。だれかが大きな音をたてて入ってきた。
マーサは玄関に急ぐと、二人の男が立っていた。一人はパイプをくわえた若い男、一度も見たことない男だ。もう一人があの芸術家だ。

応援に元気づけられます。 ありがとう。AyeYai


とら豆


かわいいでしょ、この子たち。
とら豆って言うんですって。
山の農産物直売所に行った時、かわいいので思わず買ったものです。

でも私は豆類が好きじゃない。
ポクポク系は好みじゃないの。
これを料理した写真をアップしようと思って、煮豆に挑戦しましたが、
失敗でござんす。(><)
やっぱ豆はきらいだ・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/528-4820d6ac
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
AyeYaiさん

パイプをくわえた若い男は誰?
私ではないことは確かですが・・・。

虎豆ですか。綺麗な豆ですね~。
ちなみに豆はなんでも好きですよ。
Posted by Rickey at 2008.02.03 14:15 | 編集
ギャ~~~!!
怒ってる怒ってる~~~~~
この後、どんな展開になるんでしょ・・・
想像もつかないわ~~~~~~(* ̄m ̄)プッ
ポクポク系って、何だろ??
Posted by はる at 2008.02.03 20:05 | 編集
■ Rickey,
  Rickeyはサバが好きで、私はサバが嫌い
  Rickeyは豆が好きで、私は豆が嫌い。
  う~ん、デートは難しカも。


■ はるちゃん、
  どんなことになるんでそーねー。
  わかりやすいことばで怒ってくれるとありがたいんですけどねー。
  ポクポク系って、たとえば芋系。
Posted by AyeYai at 2008.02.03 21:46 | 編集
AyeYaiさん
それでは、アオモノ好き男同士で・・男の話でもやろうかな。
Posted by Rickey at 2008.02.03 23:12 | 編集
wow! I am really impressed!!
正直、どちらがアイヤイさんの翻訳なのか、日本語から英語へ?英語から日本語へ?分かりません!
edibles. Butterとunmaidenly *forwardness.の関係がさっぱり分かりませんでした。なるほど!そういう事なんですね!私も一緒にお勉強させていただきます。
そうそうアイヤイさんのブログ再開、Vivianさんから昨日うかがったんですよ!
Posted by chiblits at 2008.02.04 14:18 | 編集
■ Rickey,
  え? アホモノ?  はい、うちに約一人います、あほ者。 (^o^)


■ chiblitsさん、
  きゃ~~~~、chiblitsさんに見つかっちゃいました? 恥ずかしいわ。
  とっても苦労しているんです。センテンスずつ読まないでくださいね。
  大まかにこんな感じだろうというところで許してください。
  ほんと、むずかしいです。
Posted by AyeYai at 2008.02.04 19:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。