--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.10

The Last Leaf  - 3 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -3-  by O・ヘンリー


One morning the busy doctor invited Sue into the hallway with a shaggy, gray eyebrow.
"She has one chance in—let us say, ten," he said, as he shook down the *mercury in his clinical thermometer. "And that chance is for her to want to live. This way people have of lining-up on the side of the *undertaker makes the entire *pharmacopeia look silly. Your little lady has made up her mind that she's not going to get well. Has she anything on her mind?"
●●
"She—she wanted to paint the Bay of Naples some day," said Sue.
"Paint?—bosh! Has she anything on her mind worth thinking about twice—a man, for instance?"
"A man?" said Sue, with a *jew's-harp twang in her voice. "Is a man worth—but, no, doctor; there is nothing of the kind."
●●●
"Well, it is the weakness, then," said the doctor. "I will do all that science, so far as it may filter through my efforts, can accomplish. But whenever my patient begins to count the carriages in her funeral procession I subtract 50 per cent. from the *curative power of medicines.
If you will get her to ask one question about the new winter styles in cloak sleeves I will promise you a one-in-five chance for her, instead of one in ten."

s-P1264187.jpg


*shaggy:毛むくじゃらの
*mercury:水銀(→体温計)
*undertake:葬儀屋
:*pharmacopeia:薬局方、薬物類
*jew's-harp twang:ビヤボン(口琴)アイヌの弦楽器のビヨヨ~~ンという音
*curative:治癒力


ある朝多忙きわまる医者がスーを廊下に呼び出した。白髪の交じった太い眉のその医者は、
「助かる見込みは・・10に・・ひとつ・・ってとこだね・・。」体温計を振りながらそう言った。
「あとはあの子が生きようとする気力のみだよ。こうやって人間は薬の処方の甲斐もなく葬儀屋の方に近づいていくんだ。
あんたんとこのあの若い子は、生きようという希望を失っている。何か心に思うようなことを持ってはいないのかね。」
●●
「彼女は・・いつかナポリ湾の絵を描きたいと言っていました。」そうスーは言った。
「絵かねー? ふん・・。何か、その倍くらい現実的なことはないかね。--たとえば、男、とか。」
「オトコですかぁ~ん?」 と、スーはビヤボンのビヨヨ~~ンというような鼻声で言った。
「男、って効果あんですかぁ・・? でも、・・いいえ、先生、そういうのは全くいないです。」
●●●
「ふむ、それはマズイのぉ・・・」と医者は言った。「ま、科学的にできるだけのことはやってみるがね。しかし患者が自分の葬儀の車を考えるようになっちまったら、薬の効果も半減してしまうんだよ。
もしあんたが、今年の冬のコートの袖はどんなのが流行るだろねーとか彼女に聞いてやってくれりゃぁ、10に1の希望が 5に1になることは保障するんだがね。」







jew's harp
jew's-harp twang
ビヤボン(口琴)

実際の音はamazonのこちらで視聴できます。
とっても 妙ょよ~~~んな音がします。



jew's harp


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/535-c2581d5d
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
このビヨヨォ~~ンはいつかTVで見たことがありますにん。
口に挟んでレバー(ぼっち)をはじく・・・・・・・ヤツですか??
んで、このばあちゃん、姉ちゃんちのばあちゃん???^m^
Posted by akke at 2008.02.10 20:31 | 編集
ビヨヨ~~ンは、残念ながら聴けませんでした。
でも、私もテレビで見たことあるよん。
ピョン吉の走る音は、確かコレだったわよん(嘘)。
Posted by はる at 2008.02.10 21:52 | 編集
AyeYaiさん
赤い鳥小鳥、なぜなぜ赤い、赤い実を食べた。 という歌を知っていますよね。
あの欠けた実は小鳥?それとも赤い虫?それともAyeYai?
はははビヨヨ~~ン!
Posted by Rickey at 2008.02.11 00:39 | 編集
■ akke
  シベリアに住むヤクート族のおばあちゃんですにん。
  私のばあちゃんでも、AyeYaiばあちゃんでもなかとよ。

■ はる
  amazonのサンプルで聞けるはずなのだけれどね。
  マンガの効果音くらいならいいけれど、これの音楽がCDになってるらしいの。
  どちらの曲もわたくしはNo thank youでございます。内臓がひっくり返りそう。

■ Rickey
  赤い実は小鳥が食べたのでせう。  
Posted by AyeYai at 2008.02.11 11:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。