--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.12

The Last Leaf  - 5 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -5-  by O・ヘンリー


Sue looked *solicitously out the window. What was there to count? There was only a bare, *dreary yard to be seen, and the blank side of the brick house twenty feet away. An old, old ivy vine, *gnarled and decayed at the roots, climbed half way up the brick wall. The cold breath of autumn had stricken its leaves from the vine until its skeleton branches clung, almost bare, to the *crumbling bricks.
"What is it, dear?" asked Sue.
●●
"Six," said Johnsy, in almost a whisper. "They're falling faster now. Three days ago there were almost a hundred. It made my head ache to count them. But now it's easy. There goes another one. There are only five left now."
"Five what, dear. Tell your Sudie."
"Leaves. On the ivy vine. When the last one falls I must go, too. I've known that for three days. Didn't the doctor tell you?"

プリン


*solicitiously:気にかけて、案じて、細心に
*dreary:荒涼とした、退屈な
*gnarled:(木、根幹、手などが)節だらけの、でこぼこの
*crumble:ぼろぼろ、粉々

●スーは に窓の外をよーく見てみた。何を数えているのかしら。荒涼とした庭と、レンガの家の端が20ヤードほど向こうに見えるだけだ。そこにあるのは、ごつごつした根を腐らせた古い蔦。
冷たい秋の吐息に葉を落とされてほとんど裸の蔦が、骸骨のような葉をいくつか残してレンガにかろうじてしがみついていた。
「ねえ、何なの?」スーが聞いた。
●●
「6。」 囁くようなか弱い声でジョンズィーが言った。「散るのが早くなってきたわ。三日前には100くらいあったの。そのときは数えるのは大変だったわ。でも今は簡単。ほら、また落ちたわ。残りはあと5だけよ。」
「5? 何が? スージーに教えて。」
「葉っぱよ。蔦の葉。最後の葉が落ちるとき、私も逝かなければならないの。知っているのよ、あと3日だって。先生がおっしゃってたでしょ?」



たまには美味しいデザートをアップせにゃね。(^~^)
手作りプリンは、市販のものとは比較にならないほどおいしいからぜひ作ってネ。

≪プリン レシピ≫

【材料】 (プリン型5個分)

キャラメルソース
 ・砂糖  40g
 ・水    大1.5
 ・湯    大1.5

卵液
 ・卵   3個
 ・砂糖  50g
 ・牛乳  1.5cup


【作り方】
① 容器にバターを塗っておく。
② キャラメルソースを作る
    小鍋に砂糖と水を入れて煮詰める。
    キャラメル色になったら火を止め、びっくり水(湯 大匙1.5)をさす。 
      * やけどをしないよう気をつけてネ!
③ キャラメルソースを容器に流す。
④ オヴンを温める。(蒸し器でもOK)  180度
⑤ 卵液を作る。
     ボウルに卵を割りほぐし、
     牛乳に砂糖を入れ温め(50度くらい)溶かし、ボウルに注いで卵とよく混ぜる。
      (泡立てないように)
⑥ 卵液をこして、バターを塗った容器に流しいれる。
⑦ オヴンの天板に湯を張って、180度で20分蒸し焼きにする。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/537-6a9a2ab7
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
今、私たち(つまりAyeYai さんと私)とほぼ同世代の友人からこんなメールが届きました。
Vivian-san, (English is faster, so I'm writing this in English.)
彼女は正真正銘の日本人ですが、国際結婚をして20年くらいアメリカに住んでいます。
彼女の英語はネイティブ以上(文法などの正確さを考慮に入れると)で私の英語のmentorです。いつかは私も上記のようなメールを書いてみたいと思っています(そう、思っているだけなんですけど(汗))

プリン、美味しそう!!! コレステロール値が下がったら作ってみた~~い!
Posted by Vivian at 2008.02.12 16:47 | 編集
■ Vivianさん、
  第2の国にすぐに順応する人と、何年何十年たっても母国語に
  頼る人といるようですが、そのお友達は、まさに前者+勤勉な方なのでしょうね。
  このプリンは、ほんとは半年ほど前に撮った写真なの。写真は腐らなくていいわ~。
  
Posted by AyeYai at 2008.02.12 20:29 | 編集
私は順応できる人?
春休み、ディズニーランドで東京弁を話せるやろか?
Posted by はる at 2008.02.12 23:43 | 編集
はるちゃん
そりゃ無理。経験済み。みやこんじょ弁は抜けん。

AyeYaiさん失礼しました。
Posted by Rickey at 2008.02.13 01:01 | 編集
う~プリン~♡レシピ見て作ってみるかな~(^0_0^)
Posted by ちびばす at 2008.02.13 06:48 | 編集
■ はるちゃん、Rickey,
  はるさん、Rickeyはあんなこと言ってますけど、大丈夫でございましてよ。
  ただちょっと心配なのは、ここで英語のお勉強をなさっているので、
  古い英語ばかりお口から出るようになるのではと、責任を感じておりますのよ。

■ ちびばす、
  子供ちゃんの為にぜひ作ってそ。
  最初はめんどくさく感じるけれど、意外にシンプルなんよ。
  プッチンプリンの4.8倍はおいしい。
  
Posted by AyeYai at 2008.02.13 08:41 | 編集
シチューの後にプリンを見てしまった・・・・・・・。
あ、また鼻水がぁ・・・・・。ごめん(笑)
『akke、何してんの!早く寝なさいっっっ』
と怒られないうちに、ささっと食べてか~えろっ!
 ̄m ̄  へ~っくしょん・・・ブ~
Posted by akke at 2008.02.13 22:31 | 編集
■ akke、
  あ、やばいな・・・、こりゃ本風邪やないの。
Posted by AyeYai at 2008.02.13 22:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。