--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.18

The Last Leaf  - 10 -  『最後の一葉』

『最後の一葉』  -10-  by O・ヘンリー              (全文はこちら )


"She is very ill and weak," said Sue, "and the fever has left her mind *morbid and full of strange fancies. Very well, Mr. Behrman, if you do not care to pose for me, you needn't. But I think you are a horrid old—old flibbertigibbet."
●●
"You are just like a woman!" yelled Behrman. "Who said I will not bose? Go on. I come mit you. For half an hour I haf peen trying to say dot I am ready to bose. Gott! dis is not any blace in which one so goot as Miss Yohnsy shall lie sick. Some day I vill baint a masterpiece, and ve shall all go away. Gott! yes."
●●●
Johnsy was sleeping when they went upstairs. Sue pulled the shade down to the window-sill, and motioned Behrman into the other room. In there they peered out the window fearfully at the ivy vine. Then they looked at each other for a moment without speaking. A persistent, cold rain was falling, mingled with snow. Behrman, in his old blue shirt, took his seat as the hermit-miner on an upturned kettle for a rock.

ココットでパン コーヒー


*morbid:病気にかかった、病気に起因する、(精神が)病的な
*persistent: いつまでも持続する



「あの子はすっかり衰弱しているのよ。」そうスーが言った。「熱のせいであんな馬鹿げたことを言うのよ。そうですか、わかりました、ベルマンさん。モデルになるのがいやならケッコーです。でもあなたってホントにひどい人ねっ。--この因業爺っ!!」
●●
「あんたも同じアホ女だよ。」とベルマンが叫んだ。「誰がモデルをやらないっちゅった?! ほれ、行くぞ。もう30分もモデルやろうとしとったじゃろが。ここはジョンちゃんが病気なんぞやってる場所じゃないぞ。いつかわしゃ傑作を描く。そしてみんなしてこんなとこ出ていくんじゃ!! だろ?」
●●●
二人が二階に上がっていくと、ジョンズィーは眠っていた。スーは窓をしめ、ベルマンを他の部屋に手招いた。そこから二人は恐る恐る窓の外の蔦を覗き込んだ。それからしばらく言葉もないままに顔を見合っていた。
冷たい長雨が雪交じりになってきた。青いシャツのベルマンは、世捨て人となった炭鉱夫よろしく岩代りにひっくり返した鍋の上に腰をおろした。



最近ハマっているのが、ココットで焼くパン。
デニッシュのように仕上がるこの生地がお気に入り。

夫はハチミツをトロ~リ・・・
ココットでパン はちみつをかけて



私はコンデンスミルクをトロ~リ・・・
ココットでパン コンデンスミルクで



【パン生地 】(HB使用)

強力粉   200g
砂糖     大2
ドライイースト 小1
塩      小1/2
牛乳     100cc  (少し温める)
卵       1個
バター    30g (やわらかくしておいて、HBを10分ほどしてから投入)

1 HBに材料を入れ、1次発酵まで済ませる。
2 取り出して10分休ませてから長方形に広げ、濃コーヒーを塗る。
  (あるいはコーン、レーズンなど)
  くるくると巻いて、10等分に切る。
3 ココットに入れて、2倍に膨らむまで2次発酵。
4 濃コーヒーを塗って、180~190度のオヴンで15~17分焼成。
5 焼きあがってから溶かしバターを塗りました。(分量外)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/545-cf1efe16
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
AyeYaiさん
私もどちらかと言えば蜂蜜かな・・。
Posted by Rickey at 2008.02.18 22:06 | 編集
■ Rickey
  んもー、いやっ、Rickey. いつも私と違うものを選ぶんだから!
  青魚に、えーっと、この間はなんでしたっけ? 豆でしたっけ? そして蜂蜜?
  やっぱりRickeyと私は、水と油なのよ。
  Rickeyさんちは、紅茶に蜂蜜でしたよね。私はコーヒー党なのですが、
  先日風邪をひいて以来、珈琲が飲めなくなって、毎日紅茶です。
  もちろん蜂蜜は入れません。
Posted by AyeYai at 2008.02.18 22:16 | 編集
AyeYaiさん
それは勘違い?コーヒーに蜂蜜の組み合わせですよ。
コーヒーの消費量は半端ではありません。
以前は自分で豆煎りからしてたぐらいですから・・・。
コーヒーもサイホン式からドリップなどなど、いろいろ試しましたよ。
こんどコーヒーでもご一緒しませんか?
akkeのパンの味見でもしながら・・・こき下ろすのもいいかも。
Heroさんもコーヒー党ですか?
Posted by Rickey at 2008.02.18 23:22 | 編集
■ Rickey,
  コーヒーでした? あら、失礼しました。
  いつかコーヒーをご一緒したいですね。でも缶コーヒーはNo thank youよん。
  Heroはオレンジジュース党です。(><) ガバガバ行きます。
Posted by AyeYai at 2008.02.18 23:28 | 編集
日本で十数年前に購入したナショナルの古いHBで時々食パンを作りますが、他のパンは試してみたことはないの。それで少々質問を。

>バター30g (やわらかくしておいて、HBを10分ほどしてから投入)
これは、HBがスタートしてから10分後にバターを入れるということですよね?
はじめからバターを入れるのと結果はどう違うのでしょう?
>ココットに入れて、2倍に膨らむまで2次発酵。
2次発酵の時は、オヴンの温度は何度で設定ですか?

以上、教えてください! 
Posted by Vivian at 2008.02.19 15:21 | 編集
■ Vivianさん、
  難しい質問はしないでくださ~い。(汗;) 
  このレシピはHBではなく手捏ね用のレシピの応用なの。
  本に、材料を捏ねてからやわらかくしたバターを入れる、
  と書いてあったので、HB用に時間差を作って10分くらい後に としました。
  5分~10分て書けばよかったかも。
  バターを溶かしすぎると混ざりにくいので気をつけてね。
  後からバターを入れるのがどう良いのかわからないのですが、
  デニッシュみたいなパンになったので気に入っています。
  発酵の温度はテキトーです。(^^;) 
  私はオヴンで発酵するのですが、40度に設定されていて変更はできないんです。
   
Posted by AyeYai at 2008.02.19 15:49 | 編集
↑はい!akkeもコーヒー飲み会&パン食べ会に参加したいです。
あ、でも午前中だけしかコーヒー飲めませんが(ドクターストップの為)
ちょっとちょっと、姉さま。
このレシピも頂いてくわ~。
なるほど、ココットで焼くとな。。。。
akkeはこの間つくったアイシングでいただこう♪
Posted by akke at 2008.02.19 22:19 | 編集
■ akke
  ココットで焼くとおしゃれに変身できるわ~。(^~^)
  アイシングのパンはおいしいのよね~。わたしも大好き!
Posted by AyeYai at 2008.02.19 22:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。