--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.03

雑草/ 黒胡麻のアラジン

写真: 散歩で見つけた雑草たち
菓子: 黒ゴマのアラジン


バターが乏しいので、パンやお菓子はマーガリンで代用している。
s-P4259395.jpg


いつも行くお店では、バターは通常330円代。
バターは300円以下にならないと私は買わない。今年に入っていつものお店では安売りをしなくなったので、仕方なく楽天でマーガリンを大量に購入しておいた。

s-P4259404.jpg


その後しばらくして、バター不足のニュースが流れるようになる。
そしていつものお店でもついにバターが姿を消した。ニュースを聞いただれかさんがバターを買いだめしたのだろう。けしらからん。こういう人たちがいるから陳列棚からバターがなくなるのだ!!

再度バターが陳列棚に並んだ時には、370円ほどになっていた。ますます買えない。・・・しかし、

s-P4259399.jpg

もしやという期待を持って西友に行った。 西友では時々バターを270円代で売るのだ。
すると、あった。バターが! それも270円代。 えらいぞ、西友!
これを見たら、みんなごっそり買うのだろうなぁ。いかんよ、買占めは。

s-P4259379.jpg

と、レジに行くと、あら? 5個もバターがカゴに入ってるではないか・・。(^^;)


アラジンの胡麻

名づけて、「アラジンの胡麻」
アラジンの胡麻

「アラジン」という名前のついた焼き菓子を作った。どのあたりが「アラジン」なのかは知らない。
黒ゴマのすったものをたくさん入れて、黒ゴマのアラジンにしました。

アラジンのゴマ


黒すりごま入り 【アラジン】 レシピ
薄力粉    100g
BP       小1/2
グラニュー糖  90g
黒スリゴマ  大匙4
バター *   110g (溶かす)
卵黄     2個
卵白     2個  (メレンゲにする)


1) 薄力粉・ベーキングパウダー・グラニュー糖・スリゴマ を合わせてふるう。
2) バターは湯銭で85~90度に温め、1) にざっと混ぜる
3) 卵黄を加えて軽く混ぜる
4) 別ボウルで卵白を泡立て、メレンゲにする。
5) メレンゲを2,3回に分けて、 3) にふんわりと混ぜる。
6) 型に流し、220度に予熱したオヴンで18~20分焼く。

* 高温で焼くので、カリカリして焼きたてがおいしいです。
* バターではなく、マーガリンを使いました。風味は落ちますが、ほかは問題ないです。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/655-d5ba3931
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
チョッペンの平たい部分辺りがアラジンっぽいわね(^○^)
Posted by はる at 2008.05.03 20:49 | 編集
■ はるちゃん
チョッペン?? は? あ、てっぺん?
あ、ごめん。本来のレシピではギザギザのついたアルミの型で焼いてあるの。それがアラジンのランプに見えるのかしら。
Posted by AyeYai at 2008.05.03 20:52 | 編集
ゴマ→開けゴマ→アリババと40人の盗賊→アラビア→アラジン、の発想かと思いましたが???

ゴマは大好きな食材。コレステロール値が気になりケーキ類はずっと避けているのだけど、バターと卵黄を減らして作ってみようかな。上記の材料はすべて揃っているのよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
右欄から再度トライしてみます。


Posted by ヴィヴィアン at 2008.05.04 05:49 | 編集
■ ヴィヴィアン
そう、「アラジンの胡麻」は私の発想なのだけれど、本来のレシピではゴマは使わず、ただの「アラジン」なんです。それはギザギザ円錐の形。
あ、私は四角すいで作ったので、「アラジンの開けゴマピラミッド」だわ。(^0^)

このケーキがマーガリンを使ったにも関わらずうまく行ったので、調子づいて「ヨーグルトケーキ」をマーガリンで作りました。うちの定番なんですけれど、見事失敗しました。
ヨーグルトとマーガリンの組み合わせが悪かったのかも。
Posted by AyeYai at 2008.05.04 09:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。