--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.19

竹の子

写真: 竹の子

ゼンマイ、フキ、と来たついでにタケノコ。
竹の子

竹の子を皮つきで買ってくると、必ず糠(あるいは米のとぎ汁)で茹でて、「えぐみ」を取ります。
新鮮なものは下処理をしなくても良いと聞いたことがありますが、必ずしもそうではありません。

そこで調べてみると、えぐみの量は、日光にどのくらい当たったかどうかで決まるらしいです。そっか!

竹の子は、土から顔を覗かせると、「竹」として生きていくための、食物繊維などを作り始めます。
このときにえぐみもできるのだそうです。
日光に当たった竹の子は、穂先が緑色になります。ですから買い求めるときは、できるだけ穂先が薄茶色のを選ぶとよいそうですよ。

そしてもちろん新鮮なものを。目安は、根本近くのボツボツ。薄い色の方が、切り取られてから時間の経過が少ないものだそうです。

竹の子の煮物


ところで、竹の子を茹でて時間がたったものは、あるいは水煮してあるものを買ってくると、白い粕のようなものがついていることがよくあります。私はこれを洗い落していたのですが、それは間違いであったことを最近知りました。

この粕のようなものは、「チロシン」と言うアミノ酸だそうです。
これを摂取すると、脳内物質のドーパミンが2.5倍まで増加するのだそうです。
ドーパミンは、脳の中で情報を細胞から細胞へ伝える役割を持ち、ストレスに耐える力を高めるらしいです。洗い流さずにそのまま食べましょう。

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/678-7ed4aa05
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
へぇぇ~~~~~
私、綺麗に落としてたわ~~~~
今はコサンダケが美味しい時期ですね~♪
そろそろダイミョウダケかな?
天ぷらにすると美味しいのよねぇ~(^。、^)ジュルジュル
Posted by はる at 2008.05.19 22:54 | 編集
ああ・・・・・・竹の子ご飯が食べたい・・・・・。
こんな煮物に竹の子ご飯。
フキの青煮もあったらいいな~♪
でも姉さま、akkeはフキの葉は食べません。
茎のみの料理です。
食べるとおいしいのですか???
もう先週のゴミに出しちゃったわん(><;)
Posted by akke at 2008.05.19 23:02 | 編集
■ はるちゃん
コサンダケ? ダイミョウダケ? ドンダケ?
わからないの、わたしダケ?

■ akke
蕗の葉の佃煮、おいしいわよ。今度は捨てちゃだめよ!
Posted by AyeYai at 2008.05.19 23:06 | 編集
AyeYai
なぜか写真がまったく見えません。
みんな×になってます。
ところで、その「チロシン」だけのビン詰めとか缶詰めとかないのかな~。小生要大量摂取。
AyeYaiも一緒?
Posted by Rickey at 2008.05.19 23:27 | 編集
■ Rickey
そう、年齢制限があるんです。(^0^)
FC2が悪いのかしらね? こちらも表示できないときもありますが、一応写真2枚と、アイコン1個は見えることになっています。
Rickeyはチロシンが大量に要るようですね。
AyeYai? ううん、ぜ~んぜんいらないの。(^~^) 
こっちの耳からあっちの耳まで風通しがいいの。おつむも風通しがいいのかしらね。
Posted by AyeYai at 2008.05.19 23:48 | 編集
ええ!?
AyeYaiさん、本当に知らないの??
・・・と思って調べてみたら、この辺にしかないみたいです~
http://www.dogenka.jp/takenoko.html
http://hmaru.jp/dai.html
とっても美味しいのよ~~~
Posted by はる at 2008.05.20 12:33 | 編集
今日は又新しい事を知りました。此の歳迄どれだけ竹の子食べたか。でもそんな事知らずにタダッ京都の小さい堀立の竹の子、お刺身に食べたり。関東のもうそう竹の子掘りで大きいのとって自慢したり、そして中の皮を良く洗って梅干しを入れ、誰が一番早く赤くなるかなめ乍ら競争したり。無粋な事ばかり、でも確か堀立は美味しいですね。水煮の白い所は綺麗に洗って居りました。此れから、娘達に早速教えてあげます。有難う。
竹の子や 土こんもりと 出番待つ 大笑いして下さい。
Posted by がんばりや at 2008.05.20 21:36 | 編集
■ はるちゃん、
大名竹はデメダケと書いてあったけれど、単に「デメダケ」と発音してはいけないのでしょうね。デェメェダケとかいうふうになまるんでしょうね。

■ がんばりやさん、
かわいらしい歌ですね。そうそう、父が皮に梅干しを入れてくれたものです。それを布団の下に置くの。何をするのだろう、と不思議に思ったあの気持ちを思い出しました。
Posted by AyeYai at 2008.05.20 22:22 | 編集
え~ええ、愛姐さんもたけのこ梅干の思い出があるの!
私も母に渡されて、なんでこんなもの~と思ったんです。だってちっとも美味しくなかった。

ケベックには竹が生えていません。寒すぎるのでしょうか?
竹やぶは私の子供の頃の思い出の原点です。といって竹薮のある家に住んでいたわ訳ではないのですが、わさわさと葉裏を返してしなる竹から、風を感じるのが好きでした。
Posted by カイシャ at 2008.05.20 23:18 | 編集
■ カイシャん
去年のブログでその竹の子の皮、取り上げたわ。でも子供の時にすすったあの感激はなかったわ。素朴なものでも十分美味しかった時代よ。
同じ敷地内の、祖父の裏庭に竹藪があったわ。そうね、子どものときの思い出だわ。
Posted by AyeYai at 2008.05.20 23:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。