--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.27

  父とパソコン

今年88になる父は地元新聞によく投稿する。
我が家は地元紙を購読していないので知らないでいると、
よく親戚などから、読んだよ、と声をかけられる。
元雛
拡大して読んでみる

昨日も取り上げられたよと切抜きを見せてくれた。
今回は、先日私が飾ったお雛様のこと。

父がコンピュータを始めたのは80歳のとき。
うちの娘が遠く離れた米国の大学に行ってしまったので、孫娘との「メール」を勧めたのだ。
アルファベットがわからない父がよくがんばったと思う。

まもなく、中国の友人とメールをし、デジカメから写真を取り込み、あるいはスキャナから古い写真を取り込み、Wordに貼り付けてレイアウトができるようになった。
このくらいなら私も即座に教えられるのだが、私にとっても未経験かつ難題を父は突きつけてくるので、こちらはあわてて勉強せざるを得ない。

まずは、Wordで、縦書き[原稿用紙]が使いたいという。
そんなの見たことない。「縦書き」で勘弁してよ、と言うのだがどうしても原稿用紙が必要だという。
はいはい、ありましたよ、「新規作成」に。

次は、どうしても昔の漢字じゃなきゃだめだと来る。
見たこともない字を私に示して、それをパソコンで打ちたいと譲らない。
う~ん、・・・。
へいへい、「アクセサリ」の[外字エディタ]発見。

今度は中国文字が打ちたいと来た。
当時は間単に変換する機能がなかったので、中国語ソフトを購入して言語ツールバーに同居させた。

そして、ムービー。
これも苦労した。メールで動画を送りたいというのだ。それも8ミリカメラの動画。
なにせ私は動画なんて撮ったことない。写真すらほとんど撮ったことないので、カメラの説明書から読まなければならない。
難しかった点は、8ミリとWindowsを結び付けること。時代が違うので、お互いの機能を想定していないのだ。
ネットで調べまくって、ようやくサポート完了。

おかげでよい勉強させてもらっている。
さて今度はなにを言ってくるかな?
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ayeyai.blog90.fc2.com/tb.php/73-f02a5f9a
この記事へのトラックバック
コメントありがとうございます。
「編集」で書き直しできます。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2007.02.27 15:43 | 編集
お父様の投稿を拝読して涙がでました。
生前の父を思い出しました。
そしてその後アィヤィさんの記事を読んで又涙が出ました。
アィヤィさんとはどこまで似てるんでしょう。
うちの父は78歳頃からパソコンを始めました。孫達とメールをする為です。台湾人のお友達もいましたが、流石に台湾人のお友達とはメールはなかったですね。(皆さん高齢だったので)それからMSN Messengerでアメリカで仕事中の娘とよくチャットをしていました。日本語をローマ字で。父は入院中もパソコンでイーメールを書いていて、私はそれをフロッピーに保存して病院から帰ってから家のパソコンで送信していました。孫達からメールが来ると私は又それをフロッピーに入れて病院まで運ぶ…そんな事をしていましたね。私も父にパソコンを教える事で色々覚えざる得なくなりましたね。父が亡くなる8日前のイーメール大事に大事にしています。
Posted by chiblits at 2007.02.27 18:00 | 編集
恐れ入ります。
私は元来おしゃべりがあまり好きじゃないものですから、実家に行っても話すことがない。ですからコンピュータのおかげで父との会話が成立するんです。

私がChiblitsさんのブログに出会ったのは、去年鹿児島に帰られる前でした。子供に冷凍食品を送るにはどうしたらよいか探していて、Chiblitsさんのところへたどり着いたのだったと思います。(いつか機会があったら、冷凍保存料理特集してください。)
当時ブログというものには興味がなかったので、何度かお邪魔させていただいただけでさらりと通り過ぎてしまいました。でもご実家に残されたお鍋などを見て胸がいっぱいになっている様子はブラウズしていた文字から感じ取ってはいました。

その後、いろいろな場面でChiblitsさんのサイトに行き当たっていたことに最近気づきました。あちこちに散らばっていた点が複数の線になり、それが今、面になっています。こうしていつも言葉をかけてくださって光栄です。
Posted by Aye-yai at 2007.02.27 20:59 | 編集
こんばんはっ。
なんだかとても素敵なお話ですね♪
ボクはまだ、偉そうな事を言える年齢ではありませんが、人って何かに挑戦する気持ちをなくしたときが、年をとったということなんじゃないのかなぁ、と思うのです。
いつでも前向きに、新しいモノを探していく気持ちは忘れたくないですね。
Posted by サーキットジャンキー at 2007.02.28 18:18 | 編集
ジャンキーさん、ということは、私はここ数年年をとっていたってことかしら。何もやる気がなくて毎日が長すぎて苦痛だったのです。
でも今年は違うんです。やりたいことが多すぎて一日が足らないほどです。少しずつ消化していってるようにも思うのですが、ひとつのことを片付けるために学びたいことがまたさらに増える。
この1年は勝負の年、かな。
Posted by Aye-yai at 2007.02.28 19:01 | 編集
「パソコン爺さん」の記事のnao65です。
古い記事でしたので、コメントがあったのにビックリしましたww

まだまだ元気に楽しんで欲しいですね。
Posted by nao65 at 2007.02.28 22:54 | 編集
nao65さん、
わざわざお越しいただきありがとうございます。
「パソコン爺さん」で検索し、そちらへ飛んで行って、てっきりnao65さんが、「パソコン爺さん」だと思っちゃいました。あ、ここにも爺さんがいる!と。
大変失礼しました。 /('~`;)
Posted by Aye-yai at 2007.02.28 23:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。